熊本へ

d0142843_11230196.jpeg

熊本城

地震で傷んでしまった城の姿を見ましたが、なぜかそれでも美しいとさえ思えました。

その熊本城から道を挟んだ目の前の熊本県伝統工芸館では、友人の野口悦士さん、井銅心平さんの個展が、5/29迄、開催中です。

d0142843_11215851.jpeg


美しい季節の花に彩られた器。
配置するとしたら、広い玄関か居間かしら、...なかなか、良い器に出逢えても、家の中に余裕がないと置ける場所もなくて、家の改装までしようかしら?と悩む程。

d0142843_11342887.jpeg


井銅心平さんの三島大皿

d0142843_11402961.jpeg

野口悦士さんの焼き〆の花器


d0142843_11413814.jpeg


私もお料理で、参加させて頂きました。

井銅家の畑で野菜を収穫、器も食材も、陶芸家さんの自家製、オーガニックな生活に憧れます。


無農薬の畑

畑で実る野菜の半分は昆虫に食べられてしまうと考えていて良いかも。というくらい、作物を育てることは本当に大変なことだと思いました。

d0142843_11520354.jpeg

d0142843_11475176.jpeg


収穫された野菜。香りもよく、生き生きとしていて美しい。

d0142843_11542869.jpeg
井銅家の畑のテリーヌ


d0142843_11553344.jpeg

井銅家の赤芋のグラッセ、貝のココットを合わせて

d0142843_12030674.jpeg


井銅家の鶏の卵で作ったチョコレートケーキ

作家さんが土を捏ね、焼いて出来上がる器も、お料理に似ている様な気がします。一つ一つ味わいの違う器で、食卓を豊かに、五感全てで、楽しく味わって頂きたいと、思います。


d0142843_12152568.jpeg
馬肉のタルタル




フランスで3年、バスク料理を学び、その後は京都へ和食修行され戻られてこられた店主のお店の空間をお借りしました。

瑠璃紺にて。

地震から約一か月が経ちましたが、元気に日々の生活に戻られて、頑張っている方々にお会いし、私も、何故か元気を頂いてしまいました。

私の滞在中にも、余震で夜中に目が覚めたり、少し不安な気持ちを体験しましたが、これ以上の被害がありません様に、また、今だに避難所で厳しい生活に耐えながら生きる人々に、不自由のない健やかな生活が出来ることを願い。震災で尊い生命を奪われてしまった方々に心から手を合わせ、お悔やみとお祈りを致しました。













[PR]

by yuklily | 2016-05-27 11:19 | Comments(0)