与謝野町

京都から天の橋立駅まで向かうと、駅を出て真正面に天の橋立が、そして、阿蘇海を眺める岸辺から、鬼伝説のある大江山連峰に抱かれた、日本の昔話さながらの、美しい自然の残る与謝野町へと、足を伸ばしてみました。

d0142843_13345584.jpeg

地元の方に、何故、天の橋立と、いうのですか?と、お訪ねしましたら、「天と地を結ぶ、神様の降りてくる、梯子が、倒れて、こうなりました。」と、ご説明頂きました。 神様の梯子は松の木で出来ていたのですね...。

歴史の俳人や歌人に愛され、歌の残されたのも納得。

ちりめん街道、織物の里とも知られ、日本の伝統と産業も生みだして来られた、道のりも、改めて、学びました。

d0142843_13400864.jpeg

d0142843_13411776.jpeg

私も、ちりめんの着物は持っていますが、その発祥の地を訪れたことにより、また、ちりめんが、好きになってしまいました。

d0142843_13444196.jpeg


環境に優しい、有機肥料作り、国産ホップ畑などにも、訪れてみました。


d0142843_13463463.jpeg


d0142843_13473663.jpeg

葱農家さんにて、ランチ。


d0142843_13501186.jpeg

お土産には、地酒を購入。


たった5時間程の短い滞在でしたので、ゆっくりと再訪したいと思います。



[PR]

by yuklily | 2016-05-08 13:20 | Comments(0)