きよ田&隆太窯

唐津。隆太窯で行われた伝説の鮨職人。「きよ田」新津武昭さんの会に参加。

陶芸家のアトリエと。中庭を会場に、美しい器と鮨の饗宴❤️😋🍣✨

d0142843_10400423.jpeg

d0142843_10402738.jpeg


d0142843_10404946.jpeg
新津さんの銀座のお話、白洲正子さん、白洲次郎さんを顧客に、数々の歴史の人物に握られてこられた、一つの宇宙。日本を代表する食である鮨の一口。を米一粒一粒にまで、味わいました。

そして、唐津産の小さな鮑も。
美しい器。4枚ほど欲しいのですが。お値段も素晴らしそうなので、お皿預金をしなくては...欲とは果てしなく膨らみ、また、美しい作品も果てしなく、この世には存在する。食べることも、芸術である。

d0142843_10493866.jpeg

そして、「銀すし」の銀ちゃんの鮨も。

特製の鮨カウンターがまた素晴らしい!
お庭で、夜空の下で鮨を頂けるなんて、なかなかない事ではないでしょうか?

d0142843_10532934.jpeg

いまにも、飛び跳ねそうな海老。美しい姿。

d0142843_10542480.jpeg


野菜の炊き合わせ。

d0142843_10560613.jpeg


中里隆先生って、本当に凄い方だなぁと。あらためて、また大ファンになってしまいました。

隆太窯には、器も拝見しにゆっくりと、訪れてみよう。器も不思議なもので、一目惚れがある時と、いくら目の前に何十枚、何百枚と並んでいても、心から反応がないと、欲しいとは思えないので、なかなか、すぐには、ご縁がないのですが、隆先生の器なら、悩む贅沢さえ、味わえそう。
美しい器を、眺めるだけでも、心は清まり、潤うものなのです。そして。中里家の方々の器は、お料理や飲み物の、お味まで、まろやかにしてくれ、長い年月使い込むことで、器の景色がまた育っていくのです。


良い器にも、出逢えたら嬉しい。


お鮨の会、とても素晴らしかった。





[PR]

by yuklily | 2015-10-29 10:33 | gastronomie | Comments(0)