Angkor Tom

d0142843_18215694.jpg


観音菩薩の四面仏塔の門

アンコールワットと皆さんが耳にする古代遺跡寺院以外にも周囲には宗教都市としての重要な遺跡がそれぞれの時代の王により様々な姿で残されています。
アンコールトム遺跡のすごいのはこの顔。
グラフィックの世界感、四面とはいえ、その石一つのパーツの大きさには驚きます。
どれだけの石を積み上げて掘り起こし来たのか、そして連続する顔の表情。

そして門をくぐり抜けるとさらにバイヨン遺跡の群集建造物。
建物を取り囲む四角の回廊と無数の柱で区切られた部屋、迷路のような不思議な世界。
壁一面周囲、柱、天井、隙間なく描かれ彫られた王に天女、神話に歴史の屏風、石に彫るレースのように細かい模様で囲まれています。

その時代、王族だけが参拝出来た寺院とのこと。
実際に歴代の王が住んでいた宮殿とは木造作りが主要だった為、現在ではすべて崩壊し、その面影すら残ってはいませんが、東西600m、南北250m、高さ5mの周壁で囲まれた跡地の一部を知ることが出来ます。


美しい歴史の贈り物だと思います♪


d0142843_196627.jpg

by yuklily | 2012-04-21 18:36 | culture | Comments(0)