人気ブログランキング |

AOC牛 男料理編

cote de filet

6kgの固まり肉

背骨、肋の周囲を取り囲む牛の一番美味しい部位を固まりで購入し、ヒレ部分と、そうでない部分を分けます。筋肉や牛脂も大切な美味しい部分なので、筋のある部分をカレー用に。

ヒレ肉を覗いた美味しいカレーの作り方



d0142843_1453746.jpg


AOCマークの極上牛、脂身も馬肉のウネ(タテガミ)のように真っ白で奇麗です。
煮込み用には持ってこいな感じのヒレ部位を囲む肉部分


牛脂をカスロールに炒め、エシャロット、ニンニクを投入、牛の細切り,
を投入し、肉の表面に焦げ目がつくまで炒めます。

d0142843_1494144.jpg
d0142843_1501279.jpg


玉葱は繊維にそって薄切り。鍋一杯に投入


d0142843_1512366.jpg


玉葱と肉を軽く火を通し絡めたらローリエの葉を足し、蓋を被せ煮込む、ローリエの香りと玉葱の甘い香りがたってきたら、写真↑のように、野菜と肉の持つ水分(出汁)は具の半分まで出てきます。

ここでお湯(水よりも火周りがよい)を材料がつかる程度に足し強火にかけ、アクを取り出します。

アクを取り終わったらレモン果汁を絞ります(これは、筋肉を柔らかくする作用)さらに弱火でじっくり長~時間程煮込みます。

肉がトロトロになったら市販のカレールー、またはお好みのカレーパウダーなどで味を仕上げて終わり。赤ワインを足しさらに煮込んで完成。







d0142843_17342549.jpg

by yuklily | 2010-06-19 01:58 | gastronomie | Comments(0)