<   2017年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Green School❤


d0142843_12185990.jpg


グリーンスクールという地球の未来にも、子供達の健康と健やかな未来が育まれるようにとの願いと愛に満ち溢れるオーガニックな学校を見学に行きました。

(ただ、この学校を見学に訪れる殆どのゲストが、学校である竹の建造物の姿ばかりを褒めては写真ばかり撮るので、それはただの建物であり、本来伝えたいのは、学校としての中身である、との事でした。もし、竹の素晴らしい建造物を知りたいのであれば、他に、バンブーファクトリーという竹の工場、またはバンブーヴィレッジという竹のみで完成された別荘地、なども見学出来ます。バンブーヴィレッジにおいては、竹の建築家と一緒に、自分の好きな竹の家を造る事が出来ます。ちなみに、竹の建築は全て竹職人さんの手作業にて建てられ、世界に一つの手作りの家となります。)


昔ながらの生活、小さなキッチン、薪で調理されるシンプルなお料理が子供達や職員さん達の食事、と、最初に案内されたのが、学校の食堂でした。
学園内で食物となる野菜や牛、鶏などを育て、肥料はトイレの排泄物を使用。医務室の前には様々な効用を持つ薬草の畑。自給自足を学び、頂く。


太古に生きた人々から現代にまで、引き継がれる農耕農作を子供の頃から知るということは、とても素晴らしい事であると私は思います。
我々の身体も大地と同じ有機物であり、自然界にて育まれる植物ともおなじ生命があるという事を知るというのは、何よりも豊かな感性であり、目に見えるものよりも、目に見えないもの(愛の様に重さや長さなど測れないものという無限なもの)に触れ、心の目を育てる事へと繋がり、地球からの恵みにより人々が生かされているという視点も持つことが出来ます。森羅万象をしるともいえます。海よりも深く空よりも高く、物事を考えることです。

そして、私がさらに感動したのは、バリ島の絶滅危惧種である鳥を、子供達が、学校内の敷地にて育て守っていたこと。私にとっては健康な子供達でさえ、地球の未来の絶滅危惧種として思えてならないこの頃、失われつつある自然と動物達を保護するという理解を、日々の学校生活の中で体験出来るなんて、宝物を発掘するくらいに素敵な事です。絶滅危惧種というものは、既に生きる化石だと尊ぶ必要があります。

また逆に世の中には、絶滅危惧種と認定された希少な生き物でさえ、現在においても密漁し、高値で売買するという闇のビジネスが存在しているようです。

いったい、人の欲とは、どこまで醜いのだろうか。
希少なものを保有するという優越感に浸りたいのなら、地球の環境や野生で暮らす動物たちを保護するという壮大な優越感というものには変えられないのだろうか?
愚かな人々がいるということも現実と知りました。


d0142843_12322396.jpg


再生可能エネルギーの開発



d0142843_12475603.jpg



子供達の描いた画


d0142843_12501476.jpg


d0142843_12520936.jpg


自然光がたっぷりと注ぐ教室

d0142843_12532632.jpg


🐘🌏✨🌱

豊かな未来へと恵まれます様に❤





[PR]

by yuklily | 2017-03-30 11:43 | Comments(0)

ボロブドゥール遺跡


タイの古都チェンマイから、さらに南へとインドネシアへ


インドネシアの古都ジョグジャカルタ

朝4時〜開門されるので、日の出前の月夜の灯りの中、遺跡へと登り、朝日を拝みます。

d0142843_17180787.jpg


半月


d0142843_17185138.jpg



d0142843_17193577.jpg


雲に霞み、はっきりと朝日が浮かぶ姿は見えませんでしたが、美しく暖かい朝の日差しが空ににじんでいました。



d0142843_17215472.jpg


d0142843_17225027.jpg


ブッタの石仏



d0142843_17242891.jpg

月と太陽


そしてジョグジャカルタにボロブドゥール遺跡を観に来られるのなら、アマングループ、ホテルはアマンジオがオススメです。


ボロブドゥール遺跡から真っ直ぐに線を引かれた位置にあり、遺跡の景色を遠くからも眺められるように配慮されています。


d0142843_17282800.jpg



ホテルのエントランスも遺跡を正面に吹き抜けになっています。



d0142843_17313217.jpg


お料理も伝統的なインドネシア料理や、地鶏、チョコレートタルトなど、美味しかったです。


d0142843_17333554.jpg


d0142843_17340651.jpg

d0142843_17343435.jpg




地産地消、農業大国であり、石油などのエネルギー資源に豊かな自然に生き物に恵まれた国。

このまま、豊かな自然と暮らし、文化が守られることを祈りました。

日本は、すでにモンサント法が衆議院にて成立されたと聞きました。豊かであったはずの農地は年々、農薬漬けになり、果てには種子さえ操作されてしまうのです。











[PR]

by yuklily | 2017-03-29 17:12 | Comments(0)

Lanna Folklife Museum


古き良き時代





d0142843_20022758.jpg


漆の器



d0142843_20031999.jpg





陶器



d0142843_20042842.jpg



d0142843_20050383.jpg



d0142843_20052953.jpg


  生命感に溢れる作品、手の温もりが伝わる。溜息が溢れてしまう、500〜700年前のもの。




d0142843_20090823.jpg


あっ。お茶のお道具発見!!!

茶入に仕覆。
一服を味わう時を大切にしていた様子も伺えました。












[PR]

by yuklily | 2017-03-10 20:00 | Comments(0)

首長族


d0142843_19540915.jpg


首を長くするという発想。
究極の美意識だと思います。

d0142843_19580950.jpg


風のように、音色が踊り、美しい調べでした。






[PR]

by yuklily | 2017-03-10 19:52 | Comments(0)

民族と工芸

モン族のお婆さんの美しい手。





d0142843_19390250.jpg


代々、受け継がれ、変わることなく、同じ線を引き続けていく。










[PR]

by yuklily | 2017-03-10 19:35 | Comments(0)

新じゃがと新玉ねぎの春のミートソースグラタン グルテンフリー

春野菜のグラタン

新馬鈴薯を茹でピュレを作ります。
新玉葱丸ごと微塵切り、大蒜の微塵切り少々、牛挽肉と、ローリエの葉、トマトソース(トマトを煮詰めたもの)を炒めて塩、胡椒で味を整えたら、器に馬鈴薯のピュレ、新玉葱のミートソース、チーズを重ね、無添加の生クリームを注ぎ、オーブンで焼くだけ。(生クリームの代用に豆乳でもOK)

ベシャメルソースは必要ありません。

春の大地の甘い香りとミートソース。生クリームのリッチ感、チーズのトロトロ感を味わえます。
菜の花やクレソンのサラダとバゲットと、春色のロゼワインに合いそうです🍷


流行りのグルテンフリー

胃がもたれず、さらりと軽いグラタンです。


d0142843_18361678.jpg






















[PR]

by yuklily | 2017-03-01 18:38 | Comments(0)