<   2016年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

千年翠





d0142843_02562303.jpeg

[PR]

by yuklily | 2016-01-28 02:51 | Comments(0)

食卓の間





d0142843_01194723.jpeg

満月



d0142843_23593347.jpeg




d0142843_04100457.jpeg


内装は宮大工さんにお願いして、壁は真っ白な漆喰に、宮大工家具で、収納も空間に収まる様に設え、無駄な置き場を作らなくて済む様に、スピーカーも壁にしっかり埋め込まれています。食器棚、本棚、飾り棚、と物を置いたときに生れる凸凹が嫌で、すっきり一面に収納。お掃除も楽。

あるのは、桜の木の食卓、椅子には黒皮を張ったオーダーに。その横にワインセラー、食後、お茶を頂くサロンがあり、飾り棚一つだけ。





d0142843_03301157.jpeg




夕方になると、部屋は夕陽色に染まり、夜はまた星空の色に変わります。

美しい四季折々の空、刻一刻と、変わる雲の流れ。

エントランスに夕陽が染まる頃、家に帰ると、玄関の大理石がピンク色にも染まり、外の灯りが家の中にまで、差し込んでいて、漆喰の白い壁は、自然の光、芸術色に染まる。手を翳すと、影も浮かぶ。














[PR]

by yuklily | 2016-01-27 03:08 | Comments(0)

家庭料理 鮪漁師料理



日本でも、素材をこだわりだしたら、なかなか、手に入らない、材料もあります。

鮪を代表するように、生、冷凍、養殖、天然、網取り、定置網、一本釣りと、質は全く違うものになります。

回転寿司屋さんと、銀座の一流職人さんの握る鮪も、もちろん違います。

ただ、魚の乱獲はどうにかならないかと、日本帰国の度に思う。日本は世界中の海の鮪を買い漁り、本来ある漁業のシステムさえ、無視した乱獲を行なっている、しかも、乱獲された鮪が美味しければ、まだ許せても、折角の海からの命の素材を台無し。本来持つ旨味もなく、血の気の混じる質の悪い、または、ただ潤いのない、脂身だけのもの。あれを鮪というには、間違っている。わたしには口に出来ない。


d0142843_01064236.jpeg

壱岐の鮪一本釣り漁師さんが釣りあげた、鮪の真子と内蔵。
鮪の身は、銀座の一流鮨店へ。

釣りあげた漁師さんが、鮪が連れたら、その肝臓を、家に持ち帰り、海の恵みに感謝して頂く、鮪漁師さん限定の家庭料理になります。

鮪漁解禁一本目に挙げらた鮪の内蔵を頂きました。

漁師さんはというと、鮪を納めた開店前の鮨屋さんへ。大将さんが、カウンター席に座る漁師さんたった一人を目の前に、一番美味しい鮪の部分を、一巻、2巻と、握ってくれるのだそうです。

そちらも、羨ましい話です。

d0142843_01290472.jpeg


鮪真子の煮浸し

d0142843_02025871.jpeg

肝臓は生姜と砂糖醤油で煮染め獅子唐を添え



栄螺も頂きました。




d0142843_01345957.jpeg

お刺身ポン酢で

d0142843_01363624.jpeg

自家製ガーリックバター

d0142843_01380927.jpeg


栄螺のガーリックバターグラタン

d0142843_01401201.jpeg

日本酒または、シャンパーニュ。






[PR]

by yuklily | 2016-01-27 00:45 | Comments(0)

PARIS 🇫🇷


快晴の日暮れのパリに到着〜🇫🇷✨

最初に見えてくるのは凱旋門、何千回以上見て来ているのか、それでも、やっぱり美しいなと、飽きない姿。


d0142843_21105713.jpeg


エアーフランスから出ている、CDGから凱旋門までのバスに乗ると、凱旋門を一周して停車してくれるので、TAXIで帰るより、バスの方が気にいっていて、家までここからなら、歩いても帰られる。

ここから、家までTAXIに乗ろうとすると、あまりに近くて乗車拒否です。パリの運転手さんって、どこまで?と、最初に客に対して聞いてきます。それで、あまりに近い場合、または、あまりに遠いと、乗せてくれません。

昔、日本からパリに遊びに来てくれた、友人(とても健康な人)が、私、5分も外を歩けないわといい、たった徒歩5分の距離をTAXI乗る。とかいう人で、困ったことがありました。そういう方は、パリでは暮らしてはいけないかも、全身エルメスで、宝石では飾っていたけど。


d0142843_21345785.jpeg


久々に再会するパリの空



石畳を歩いて帰りました。













[PR]

by yuklily | 2016-01-26 21:03 | Comments(0)

ST/LL

パリ出発前に、びわ湖ホールにて高谷史郎さんの新作日本初舞台に訪れました。
パリの友人で、舞台に出演するオリビエから、真っ先にお知らせを頂き、それはもちろん、観に行かなきゃ!と、思う。

特に高谷史郎さんの大ファンです❤️

前作に続き、新作もどれだけ、待ち焦がれていたか。

d0142843_20380988.jpeg

美しい舞台を観ると、美しい心まで、養えるような気がします。

私、TV大嫌いで、映画かドキュメンタリー番組を観るくらい。日本のドラマに出ている女優さんや、芸能人、役者さん、を、殆ど知りません。

芝居や演技が、本当に素晴らしい方々というと、お能や、歌舞伎の方々または、落語家さんでしょうか?お着物を来て、劇場で観覧する方が、楽しいです。




特に高谷史郎さんの舞台は一番好きかもしれない。

今回は、スパイダーというカメラが登場。素晴らしい演出でした。

d0142843_20533600.jpeg


アイヌの唄


d0142843_20540953.jpeg


水に浮かぶ舞台


d0142843_20543406.jpeg



目覚めたくない、夢の中、美しい世界でした。



d0142843_20552023.jpeg



沢山の方々に観て頂きたい舞台です。




[PR]

by yuklily | 2016-01-26 20:29 | Comments(0)

銀すし


瓦屋根の美しい浜崎駅から徒歩5分。
唐津市内からは、虹の松原(松のトンネル)の景色を愛でながらTAXIでも10分程の距離。

唐津入り前、もしくは唐津帰りに立ち寄らなくては、唐津に行った気がしない程、唐津の旅では是非ともお立ち寄り頂きたい、名所(?)詣でとして、オススメです。


d0142843_17401208.jpeg



d0142843_18040642.jpeg

海鼠


d0142843_18043102.jpeg

白和え



d0142843_18055789.jpeg


がり


d0142843_18090590.jpeg


よこわ


d0142843_18072080.jpeg

すみ烏賊

d0142843_18075088.jpeg

さより

d0142843_18084081.jpeg

海老


d0142843_18113562.jpeg

こはだ


d0142843_18121640.jpeg


しじみの味噌汁

d0142843_18125079.jpeg


穴子


d0142843_18131729.jpeg


穴子と胡瓜の細巻き


その他、よこわトロ、鰆炙り、平鱸、喉黒炙り、も頂きました。


ただ、この頃思うのですが、ヨコワはもう食べなくていいです。私、悲しくなってしまう。
この日をヨコワ最後で、大間の成魚一本釣りしか食べないと決めました。

銀ちゃん、美しく、美味しい鮨、ご馳走様でした🐟🐟🐟✨貸し切りで次回はまたお伺い致します😋💕🍶💫





[PR]

by yuklily | 2016-01-19 17:29 | Comments(0)

唐津 洋々閣


日本の料理旅館の一つとして、海外からの顧客さまにも愛される歴史ある交流と文化を支えてこられた宿でもあります。世界に誇れる宿。

パリにはリッツホテル❤️唐津には洋々閣❤️


館内には、唐津を代表する陶芸家、中里隆さん、中里太亀さん、中里花子さんのギャラリーを、鑑賞、または、購入も出来ます。旅のお土産にもいいですね。


お庭には樹齢200年の松の姿。
快晴の青空が気持ち良く、空が夕陽色に染まり、松の枝がオレンジ色の光を受けるまで、飽きる事なく庭園の景色を眺め、日没を過ごしました。


d0142843_19220548.jpeg


d0142843_19251937.jpeg

d0142843_19254777.jpeg


烏帽子の間


d0142843_19262606.jpeg


食事は洋々閣のスペシャリテ

🐟あらづくしコース🐟 さよ姫の間にて 💫✨

私の最も愛する魚はアラ(クエ)です❤️🐟❤️





d0142843_19281263.jpeg

あらの造り
d0142843_19283912.jpeg

八寸

d0142843_19291611.jpeg

あらの内蔵

d0142843_19294762.jpeg

あらの皮揚げ

d0142843_19301603.jpeg


あらのあら炊き


d0142843_19304428.jpeg

あら鍋


d0142843_19310804.jpeg


あら出汁の塩雑炊


d0142843_19314724.jpeg

果物 メロン 金柑 苺のムース


館内には竹も...松に竹...梅も何処かにありそう。


d0142843_19334101.jpeg


朝食も贅沢な品々の数に大満足でした😋✨💫💕
麦粥〜✨

d0142843_19373495.jpeg

炙りたての香ばしい焼き魚つき。

d0142843_19393538.jpeg


私の2016年に叶えたい夢が決まりました。

年内にまた、洋々閣は数泊訪れてみたい✨

去年10周年目の伊藤ゴローさんのライブに参加も出来ましたが、今年の11周年目のクリスマスも楽しみです👘🎄💫

その他、洋々閣のしゃぶしゃぶコース、懐石コースも頂きにゆっくりと2連泊も憧れます✨


願いが叶います様に🙏🏻💕💫


洋々閣前にてパチリ✨


d0142843_21262570.jpeg

宿を後に徒歩で旧高取邸へと伺うことをお伝えしたところ、雨が降り出しそうな気配。念の為にと、雨が降り出しても濡れない様にと傘まで、頂戴してしまいました。旧高取邸前を到着する頃から雨が降り出し、大変助かりました。ありがとうございました☂✨









[PR]

by yuklily | 2016-01-18 19:13 | Comments(0)

竹屋 鰻とすきやき



月一で、訪れても良いなと思う程、竹屋さんの鰻が大好きです。

d0142843_18275365.jpeg

新年の御挨拶を兼ねて...

d0142843_18345878.jpeg

ピサロの絵に、白梅、寒椿、紅白の取り合わせが美しい。

お二階座敷にも、素敵なお軸、花、狛犬の置物。

d0142843_18573754.jpeg

若い頃には日本の古いものには全く興味がなくて、これまで来てしまいましたが、現在では、それが全く変わり、興味深々。書体、言葉の成り立ちを学びたい。

d0142843_18455236.jpeg


鰻が焼き上がるのを待つ間にも、お軸を読み合い、花入れを眺めながら季節の移り変わりを愛でられたら、さらに楽しいです。



d0142843_18513549.jpeg

アミューズに麦酒とうなきゅう。



d0142843_18502272.jpeg

前菜に白焼き


d0142843_18531910.jpeg


メインは鰻丼と肝吸でした。

美味しく頂きました。次回はすき焼きにしてみようかな😋


きーたん❤️

2月は博多座の坂東玉三郎さまの舞台も愉しみですね😻💕


d0142843_19012078.jpeg


玉三郎さま💕ポスターからも神々しさが溢れている。
唐津公演とかはないのでしょうか?









[PR]

by yuklily | 2016-01-18 18:24 | Comments(0)

小谷


半生からすみ、塩からすみ、味噌漬けからすみ、など、味覚の様々な旅へと誘われてしまう。そして、様々な産地から厳選された素材の逸品に、大将さん自らが釣った魚などが、可愛いらしい豆皿料理として頂けます。

美味しい日本酒とひれ酒と。

d0142843_20501799.jpeg

d0142843_20505119.jpeg

d0142843_20511681.jpeg


d0142843_20521161.jpeg



d0142843_20524835.jpeg

d0142843_20532320.jpeg

d0142843_20534290.jpeg


d0142843_20540284.jpeg


日本だから、味わえる美味しさ。

今や日本食レストランも世界のあちこちに散らばっていますが、やっぱり、日本食は日本の地で頂くのが一番美味しいと思う。
至福な時でした。






[PR]

by yuklily | 2016-01-09 20:46 | Comments(0)

🌱七草🌱


🌱せり🌱 なずな 🌱 ごぎょう 🌱 はこべら 🌱 ほとけのぐさ 🌱 すずな 🌱すずしろ🌱


d0142843_11481066.jpeg






[PR]

by yuklily | 2016-01-07 11:36 | Comments(0)