<   2015年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

Bangkok

スリランカからタイの首都バンコクへ到着。

バンコクは何年振りだろうか?新しいビルやマンションが増えたかな...フランスに物件を持っていた友人も、それを売り、バンコクに仕事場と生活場の2つの箱を買い、大改装後、一年の半分をバンコクで過ごしている。

移住組が増え、国際的な都市としての感じではあるけど、外国人と現地タイ人との距離はまだまだ遠いと感じる。文化力に大きな開きがある場合、それはタイの今の状況、表面化での寄り沿いはあるけれども、私の眼から眺めると、その中身はただ、大きな仏像に手を合わせて祈れば、何か良いことがあるのかもしれない、という姿にしか映らない。

国民の本来の持つ清らかなアイデンティティーがあり。そこに自立、自力の肉付けが出来なくては、この国の本当の豊かさは訪れないのではないでしょうか。なんだか嫌な生ぬるさ...話は変わりますが、タイ料理美味しいのですが、90%の確率で料理の仕上げに'味のもと'を加えている。

はぁ〜。私には食べられない。身体中が痒くなり、体調が悪くなってしまう。

味のもと、ナシで、と、お願いすると、その理由が分からない料理人がほとんど。最高に美味しく新鮮な食材に香辛料があり、彼らの料理の腕前は完璧!何故、そこに味のもとが必要かが、私には逆に理解不能。


チャオプラヤ川沿いに建つマンダリンオリエンタルホテル


ロビーには欄の花弁で出来た大きな灯籠の様な香のカーテン。何度目かの改装後に久々にお茶に立ち寄りました。

d0142843_13032404.jpg

d0142843_12125141.jpg


バンコクに訪れると、もう一つ、必ず訪れるブティックもあります。

Lotus Arts de Vivre

スリランカ、キャンディでのペラヘラ祭り、仏陀の犬歯を収めた宝石の容器を背中に乗せ、街を練り歩く象さんみたい、あなた、ここで私を待っていたのねなんて思うほど、キャンディで過ごした時を思い出す一品、いつかペラヘラ祭りには私は行くことがあるだろうか?などと思つつ、象さんと会話してみる。??美しい像のジュエリーが取り付けられたラタン編みのハンドバッグを購入。

旅の想い出にぴったり💕🐘💎

タイもスリランカと同じく仏教徒が多い。
白い像は神聖な神の使いとも考えられ、縁起の良い御守りの様なものでしょうか?
そして、牙にはメレダイヤ、目にはルビー、背中にはブルーサファイア、アンティークタイバティックの装飾にはサファイアと、本物の石が散りばめられていて、美しい、そして伝統のラタン編み。大切に私の手もとへと抱かれる白象さん❤️宜しくね。

d0142843_12234047.jpg


お買い物を終え、もうお財布はすっからかん。

チャオプラヤ川を無料で行き来するマンダリンオリエンタルホテルからの舟に乗り、ペニンシュラホテルへ

d0142843_12355463.jpg

d0142843_12362804.jpg

今回はトランジットの12時間ほどの滞在だった為、ペニンシュラに宿を取り買い物と食事、マッサージだけ。

バンコクはしばらく通過地点でいいかな。
一泊もいらないかも。








[PR]

by yuklily | 2015-08-05 11:27 | voyages | Comments(0)