<   2014年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

?? 松月堂の栗きんとん ??

秋の味覚❤️

d0142843_20231890.jpg




カッパドキアからパリ到着後、日本からの友人の手土産、栗きんとん頂きました♪

初めて食した松月堂の栗きんとん!美味し〜い??
栗そのままのお味、というよりも栗以上に栗らしいお味というと変でしょうか。
幸せな笑みににんまりしてしまいます??栗さん、ありがとうございます❤️

木曽路、中津川の銘菓

秋の木曽路も美しいことでしょう。


漆塗り作家の伊藤紘さんから頂いた、秋の木の葉の漆皿に供え、頂きました。

美味しい秋を御馳走様でした????
[PR]

by yuklily | 2014-10-22 20:31 | dessert | Comments(0)

Le Sema   旋舞

d0142843_19562256.jpg



メヴレヴィー教団の宗教行為としての踊り

私達の訪れた夜の舞台においては、万物に宿る精霊を崇拝するというストーリーで、ちょっと日本の神道的な唄をうたっていたことに、私は日本らしさも感じました。そこにお囃子の音色が重なります。
そして舞台の儀式が始まり、それからくるくると旋回を始める踊り子達、途中立ち止まり、大きく開いた花びらがまた閉じて、そしてまた開く姿に、白い花が見え、また、むすんでひらいて..という唄も聴こえてくるようでもありました。
[PR]

by yuklily | 2014-10-22 20:14 | culture | Comments(0)

岩のお家で生活をするおばあさん

日本のTV番組でも御紹介されたという、カッパドキアの岩窟にて暮らす、おばあさんにお会いしました。

私の大好きなCasukoさんとAnnaちゃんとの旅♪♪♪


旅に出掛けると、現地の方々がどの様な生活を営んでいらっしゃるのかを、知ることはとても楽しいし、ご自宅に招いて頂き、お話をお伺い出来るのはとても嬉しいことです。

d0142843_10453868.jpg


編み物が大好きなおばあさんの手作りのレース編みのクロスや飾りもの、マフラーなどなど販売もされていました。カッパドキアの女性達はこうして、生活の糧としても編み物は貴重な手仕事の一つでもあるのだとか。
とても上手な出来上がりで素晴らしい毛糸の素材と、いうわけではありませんが、手のぬくもりを感じられるものは好きです。
私はとても可愛らしいピンク色の毛糸で編まれた部屋履きを購入。パリの冷え込むアパートでの生活に重宝しそうです♪

d0142843_10494739.jpg



そして、おばあさんの持つ畑。
私達がお邪魔した後、農作業へと慌ただしく戻っていかれました。

自給自足の謙虚な生活、畑を営むことで自然を知り、大地を肥やし、人が自然と共存する姿に憧れます
編み物に農作業、日々休む事もなく、営む手作りの生活、手作りの岩の中の家。
まるでおとぎ話の様な世界に感動...。羨ましい生活。

d0142843_10541074.jpg



そして、このおばあさんの岩の家の裏にはまた、岩窟にある教会があり、ご先祖代々、この教会を守られてこられたのだとか、教会の鍵を開けて頂き、中へ入ることも出来ました。


d0142843_1055087.jpg


カッパドキアにはイスラム教徒からの迫害を逃れる為に移り住んだキリスト教徒達の祈りの壁画が沢山の岩窟に描かれていました....。
その後は結局のところ、キリスト教弾圧
迫害にあい、その壁の絵にある聖人達の目は全て削りとられ、柱は壊され、現在では痛々しい姿が残されています。

またここで、宗教とは何なのか、破壊と争いは絶えず続いていくものなのだろうかと....神の悲しむ声が聴こえてくるようでした。

カッパドキアという言葉は「美しい馬のいる風景」という意味であると、教えて頂きました。
美しい馬と美しい自然があるこの国で、祈りと安らぎ、平和を破壊した悪魔の存在があることももちろん、気がつかなくてはいけません。歴史が私達に伝えたいことを考える旅でもありました。


d0142843_11252624.jpg





d0142843_11301031.jpg




d0142843_1130321.jpg




d0142843_11304079.jpg





美しい夕日に溶け込まれていく美しい景色
[PR]

by yuklily | 2014-10-21 11:27 | culture | Comments(0)

Cuisine de la Cappadoce

食料自給率100%


飲み水も水汲み場から頂く事が出来ます。

d0142843_15363138.jpg


農家の納屋に放し飼いの七面鳥も....

d0142843_15374167.jpg

d0142843_15375880.jpg


のどかな生活の風景があるカッパドキアの小さなな村のレストランにて、お料理を習うことも出来ました。


d0142843_15393725.jpg


お台所も岩の中にあります。

d0142843_15395561.jpg


焼き茄子と焼き獅子唐辛し、トマト、ニンニクをよく包丁で叩いて最後に塩、オリーヴオイル、ヴァルサミコ酢で合えたピュレ

d0142843_15415391.jpg


羊のポット料理の中の具材、羊、玉葱、トマト、数種類の香辛料、大蒜などが入っていて、土釜で加熱していきます。

d0142843_15431570.jpg




d0142843_15432760.jpg


前菜の盛り合わせ

d0142843_15434486.jpg


羊のポット

d0142843_1544721.jpg


羊の肩肉の煮込み


デザートは干したアプリコットをシロップに漬け込んだもの、アップルティーが美味しいかったです。
[PR]

by yuklily | 2014-10-19 15:48 | gastronomie | Comments(0)

CAPPADOCIA

カッパドキア世界遺産の旅❤️

早朝5時起き、日の出の登場とともに、空を高く飛ぶ事が出来ます。

d0142843_14162639.jpg


高さ5000メートルから地上までの約1時間をかけての上空の旅
...自然の彫刻ともいえる岩並みに、そこに暮らして来た人々の生活と文化の力を知りました。


d0142843_14201014.jpg



d0142843_14202039.jpg


d0142843_14203738.jpg


教会もあります。

d0142843_14211036.jpg

d0142843_1421398.jpg



葡萄畑も。
[PR]

by yuklily | 2014-10-19 14:21 | voyages | Comments(0)

YOHJI YAMAMOTO et JEU DE PAUME 

YOHJI YAMAMOTO さんのお洋服はどこか民族的でいて、アジアな香りがして好き。

なのですが,,,,私は本当にお洋服がわからなくて、何をどう着て良いのか、何を買ってよいのかを、いつも悩むので、お洋服を買う時には、気分が暗くなるくらいなのです。が、女性として生まれてきたのだから、お洋服も好きになりたいと、これまで、お洋服代に関してもかなりお勉強してきたつもりです。
それこそ、どこかのブランドを一つに絞るくらいでなくては、ハチャメチャになってしまうので、今はお洋服はYOHJIさん、小物はどこで、靴はどこで、と、少しづつですが、絞られてきて、ストレスがやっとなくなってきたところです。

その点、着物は簡単、季節の色に柄さえ押さえれば、どう合わせても、美しいのですけど....

お洋服は...、売り場でぶら下がっている物をそのまま、自分のクローゼットにかけて、そのまま着るだけで今は良しとしています。まずそこから馴れていくことが楽。ましてやブランドと言われる存在のお洋服なら、そのお洋服から滲み出るオーラの様なものが、自分自身のもつ色や身体の形を上手にカバーしてくれて、裸でいるよりもより一層の魅力を引き出してくださるものだと、考えています。

年々、クローゼットの中もYohjiさんのお洋服で浸食されてきているので、定番系から少しデザインされたもの、ドレスに日常着、材料を分けるように、素材違いに並べることが出来て、少しづつですけど、合わせ方がわかって来た様な気がします。調味料をなんでも混ぜていたものが、最終的には塩だけで、美味しいお料理が出来上がれば良いなというのが理想的だと考えています...、歳を重ねるごとに自分を知ることとファッションも似ている様な気がします。

そんな私と、おつきあいしてくださるYohijiさんの店員さんにも、いつも感謝です。。。
大和さんLOVE❤️

さてさて、来年のお洋服、何をどう足して行こうかな、と、自分のクローゼットの中とお話をしながら、ショーを鑑賞することが出来ました♪


d0142843_13282598.jpg

d0142843_13281714.jpg


古布の様なテキスタイルや日本の絞りが組み込まれたお洋服も素敵だったし....

d0142843_1331122.jpg

d0142843_13305432.jpg


春夏のニットでしょうか?リゾートでのディナーに着たいドレスも良いし...

d0142843_13331179.jpg

d0142843_1333319.jpg


超セクシー、これは夜用の部屋着にしたいくらい....
レースと編み物好きにはたまらない...可愛い...❤️
一体、どういう生活をされる方が着こなされるのか、想像力まで広がります。

お洋服から感じる生活環境というものも、考えたいところです。

ウェディングドレスも登場❤️とても個性的


d0142843_1345525.jpg



季節はこれから冬になろうとしていますが、来年の春夏を思い、また翌年へのエネルギーが沸々と湧いてくる様でした。
[PR]

by yuklily | 2014-10-19 13:53 | paris | Comments(0)

Passage 53 en debut de l'automne

食べることは生きること....
なので、美味しいものを身体に吸収して心身への良質なエネルギーを生きる活動源にするのはとても大切なことだと、私は考えています...。

時間があれば、友人のお店に顔をだすのも、楽しみの一つ。
パリに戻ると必ず通う様にしているPassage53.

一つか2つ、好きなお店が出来たら、変わらず通い続けることが好きで、あそこが噂の美味しいお店で〜と聞いて食べにいったとしても、その都度、右に左に新しくおつきあいを広げるのは、私、疲れてしまいます....ご縁のある身近な存在を大切にしたいと思います。
同じ店では飽きない?と、思われるかもしれませんが、春夏秋冬と季節毎に素材が変わるわけで、年に4回は最低でも星つきの旬のものを身体に取り入れる事が出来たらHAPPYなことだと思います。

d0142843_11533297.jpg


セップ茸のスープ 

d0142843_1154411.jpg


ランゴスティーヌにジュレとカブ

d0142843_11555977.jpg


お魚はなんだっけ、忘れちゃった...セップのカプチーノソースも美味しかった

d0142843_12103054.jpg


豚肉とジロール茸、生焼けに見えるかもしれませんが低温にてゆっくり火が通されています。


d0142843_1213245.jpg


フランス産キャビアにパルメザンのチップス、ニョッキ


d0142843_1214539.jpg

d0142843_12144468.jpg


ライムのソルベ 蜂蜜たっぷりの小さなマドレーヌとカフェで〆


d0142843_12165399.jpg



しんちゃん♪

優しくて、繊細な心がお料理にも映し出されています。いつもありがとう。
[PR]

by yuklily | 2014-10-19 12:20 | gastronomie | Comments(0)