<   2013年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

芸術家の食卓 中里花子 × Prairie Stuart-Wolff

アメリカ、メイン州の工房と唐津の工房を半年毎に行ったり来たりと2つの景色の中に住む陶芸家&写真家の昼食にお招きいただきました。


d0142843_0185249.jpg


器も新しい作品かな?

随分と淡いパステルカラーに透き通る白磁がなんとも清純な気持ちにさせてくれる。

河豚のぶつ切りに白子、卸し大根に自家製ポン酢


d0142843_0211461.jpg


イカスミのような黒い器がゆりかごのように可愛い。

烏賊のアボガド和え


d0142843_021553.jpg


これは定番に使いたい。

海老のから煎り


d0142843_0223659.jpg


優しい若草色は根菜に確かにぴったり。

里芋の暖炉焼き(皮ごとパクっといただけます)


d0142843_0232314.jpg


銅鍋の白菜の煮浸し



美味しくってお料理ばかり褒めてしまいましたが、器もしっかり吟味させていただきました。

器の清純さはいつもながらに、さらに優しい色合いを浮かばせていましたが、なかなか骨がたくましく、とても健康的な強さが宿ってきていました。
食材に大切な素材の艶とともに、器にも丈夫な艶があること。

人の手から生まれる器に、美しい自然からの恵みをたっぷりと飾りたいものです。

私達の大切な生活習慣に食があるように、お皿一つでもいいので、愛する器を選びたいものです。
器もまた、時間をかけて、色合いや表情が変わっていきます。

自分を移す鏡の一つかもしれませんね。



次回パリから山盛りお土産抱えて帰るし、私のお料理も是非食べて♪
たっぷりと甘えてしまいました。ありがとう御馳走さまでした♥♥♥





Monohanako...益々、ご活躍されますように♪
[PR]

by yuklily | 2013-01-31 00:51 | gastronomie | Comments(0)

唐津 銀すし × 池田屋呉服店

美しい作法でいただきたい、美しいお寿司★

d0142843_1414967.jpg




一口の宇宙、海老が身体の中を跳ねました!最高にお気に入りの店がまた、一つ増えました♥
銀すし美味しい♪




d0142843_7375139.jpg



着物の帯は江戸紫に葡萄の柄をチョイス。

今年で創業100周年目を迎える池田屋呉服店の企画「着物DE銀すし」に参加◎
365日、着物を装っていた江戸の時代、また寿司も食文化の一つとして花開きました。

着物でお寿司、粋な気分を満喫♥
[PR]

by yuklily | 2013-01-29 01:48 | gastronomie | Comments(0)

sunset fukuoka

d0142843_0484992.jpg


今日は夕焼けがとても奇麗でした◎
[PR]

by yuklily | 2013-01-21 00:50 | fukuoka | Comments(0)

VESTRI

オペラシティー後は恵比寿へと〜♪

最高級クリオロ種のオリジナルカカオを使用したイタリア、トスカーナチョコレート。
年に一度の新作の発表会に参加しました♥チョコレート大好き♪

今年で4度目を迎えるKICK OFF PARTY!会場はイタリアンレストランにて、アペリティフから始まり、イタリアン生ハム、ピザ、そして、新作の甘くて苦いチョコレートの数々、とろり〜ん♪
チョコレート入りのジビエ(猪)のラグーパスタがまた美味でした♪

VESTRIの追求は職人さんの手作りであること、カカオは中米サント・ドミンゴ自社農園にてクリオロ種を栽培。オリジナルのカカオを育てています。
そして、カカオだけではなく、イタリア南部、シチリア産のレッドオレンジや、アーモンド、ピスタチオ、北部ピエモンテ州のヘーゼルナッツなど、イタリアならではの素材を厳選したもので美しいイタリアンジュエリーのようなチョコレートの一粒が生まれます。

口に含むと、トロトロ〜と溶けていくチョコレートは質の良さを表現しています。
フレッシュなドライ苺や果実との相性もばっちり!
やや全体的にビターな味はお料理にも、もちろん合います。

フランス産のチョコレートもとてもリッチで美味しいですが、たまにはイタリアンチョコレートも好き♪


d0142843_1432248.jpg



この日は早朝から着付け、髪も結い、そしてお料理教室、オペラシティ、そして最後にチョコレートパーティ、着物もチョコレートカラーを選んでみましたのよ。

なが〜い、一日、沢山の方との出逢いと再会にまた囲まれた嬉しい濃厚な時が過ごせました♪
いつも出逢いに感謝しています♥♥♥美しく元気な日本の女性達と^^
[PR]

by yuklily | 2013-01-17 01:51 | tokyo | Comments(0)

新井淳一さんの世界

東京オペラシティアートギャラリーにて開催中の「新井淳一の布〜 伝統と創生」

お洋服が好きな方ではご存知な方が多いかと思いますが、新井淳一さんの革新的な布の生み出す世界はとても楽しい宇宙が広がっていました。

まるでアルミ箔をクシャクシャにしたような生地、惑星の大地のような風情、羊の美しい巻き毛のようなウール、ジャガード、絞り、昆虫の羽根のような玉虫色、伝統と言われる臈纈染めとも元来の絞りとも違い、現代的な軽さと、光沢、肌と触れた時に一体どのような呼吸の仕方をするのか少し気になりました。舞台衣装や映画衣装などで目にしてきたようなとても豪華な光があります。キラキラ★

会場に訪れて驚きましたが、さらにキラキラな空間にて新井淳一さん、ご本人が登場!
実際に展示場にある解説を読んでも、私には全然、わからない、スリットヤーン?なにそれ???
まるで宇宙語の世界。
なので、ご本人のゆっくりと、お話される生きたお言葉を耳に傾けながら、会場を一回り◎

途中、会場で待ち合せをしていた宙郷くん、麻衣ちゃん、ハルちゃんと合流、一緒に遊んだあの大きな分量の布のくるくるは何だったのでしょうか?円の中心に辿りついた時にとなりの空間にワープでもするのかと、思いましたが、SFの見過ぎですね。
鉱石を閉じ込め生まれる布が水だと例えれば、あのくるくるは深い大地の波紋でしょうか?

精神と祈りと、スペース分けされた空間には天井から吊り下がる布に巻かれて、抜け出ると、壁一面にまた大きなな渦が、布の長さは250mと言っていたかしら?
白にやや半透明、蚕のような、雲のような、雪のような、白い花のような、綿菓子のような、彫刻のような布がまたぐるぐると、生地の透明な部分を水辺に反射する光とみるなら、川や湖になる前の源泉ともいえるでしょうか?渦潮?

芸術の与える影響と、見る側の興味や好奇心、刺激や感動がプラスされて、さらに芸術は完成され、そこから生まれていくもののような気がします。

無重力な空間をもう少し意識出来たら、きっと楽しい展示会だったことかと思います。
というのも、あの布を見ると未来から届いた過去への贈りものにさえみえてしまうから。


最後に旅の映像も幻影のスケッチされた色彩が踊るようで、新井さんご本人の宙に舞う姿が浮かびます。そうそう、あの車椅子姿、物理学者のスティーヴン・ホーキングさんにとても似ていらっしゃいました。

日本が生んだ布の物理学者ですね。

たねくんもお疲れ様でした!彼自身がアーティストとしてインスタレーションをする作品を初めて知る姿でもありました♥たねくんは芸術家だったのですね、建築を含め様々に今後も活躍する姿も浮かびます。いつも本当に素晴らしい方々と美しい世界を表現し続ける力には脱帽!

現在、開催中の新井淳一さんの60年に及ぶ歴史と布の展示が約60点、直接、目に触れ、息吹を感じることの出来る会場に是非、沢山の方々にも訪れて欲しいなと思います。



3/24迄★
[PR]

by yuklily | 2013-01-17 01:26 | tokyo | Comments(0)

cours de la cuisine! par Madame Casuko ROCHE

数ヶ月も前から楽しみにしていた新年明けの大イベントの一つ、大好きなカズコ・ロッシュさんのお料理教室に訪れました。

年末から年明けの暴飲暴食後の胃にも優しい〜いつもながらの愛情たっぷりのお料理♪

お写真だけでも美味しさが伝わるでしょうか?


長ねぎのスープ

d0142843_22142820.jpg



ポリチーニのパスタ


d0142843_22145027.jpg



サーモンのアルミホイル焼き(つけあわせボイルドポテト)

d0142843_22153029.jpg



オレンジケーキ

d0142843_22155952.jpg




良質の素材をそのままに美味しさだけを上手に引き出す技を習得出来るでしょうか?
そして、何よりもお料理に大切なのは、ゲストをおもてなしする気持ち、深い愛情をかけることが何よりも美味しさになるという事を実演中の手の動きや、材料に語りかける気持ちが食材に不思議なパワーを与えていることにも気がつきます。

そして、お料理から学べる事の一つに火加減と温度、塩加減があります。
なんとなく人とのおつきあいとの距離感や他人に対しての愛情や引き際みたいなものが料理のテクニックにも似ているような気がします。お料理上手は人づきあい上手ともいえるでしょうか?

美しい愛情たっぷりのお料理からは美しい健康な身体と精神が育まれるものだと思います♥
これで2013年、今年も良い年になりそうです♥

まだまだ人づきあいの苦手な私はお料理も未発展ということかな。お勉強になりました♥


Merci★★★★★
[PR]

by yuklily | 2013-01-15 22:45 | tokyo | Comments(0)

山下清展 生誕90周年記念回顧展

東京というと大好きな街の一つ日本橋、日本の歴史を辿っても商人や町人(職人)の活躍した江戸時代が最も私が好きな時代です。
未だに、その名残りを感じられる大好きな街、日本橋三越にて開催中の、これまた大好きな日本を代表する天才芸術家「山下清」さんの回顧展へと訪れてみました。

これまでにも何度も機会があれば訪れて観て来た作品の数々、ただ、自分自身も年を重ねてきたせいか、毎回毎回、その作品の見方に捉え方も成長していくようです、同じ作品でも常に新しい表情を伺える、まるで生命そのままを作品から感じられるもの、そして時
の熟成が、天才といわれる芸術家の生み出せる作品の素晴らしさでしょうか?


長岡の花火

d0142843_16351100.jpg




「みんなが爆弾なんてつくらないで きれいな花火ばかりつくっていたら
 きっと戦争なんて 起きなかったんだな 」



貼絵 1950 年(昭和25年)山下清




いつかは長岡の花火を私もこの目にしてみたいなと思うのでした◎
[PR]

by yuklily | 2013-01-15 16:34 | tokyo | Comments(0)

マザー・テレサ  Mother Teresa

先日、大好きな友人の心の中が痛むことを知りました。
彼女が抱えている問題、未熟ながら私も耳を傾け、何があったのか伺うつもりでしたが、
よほど、濁す言葉を発することさえ出来ないのか、何も彼女は言いませんでした。

わかる、私もそう。言えない。言霊といって、きっと灰色に染まった言葉は健全な白い魂にも
気がつけば染み渡り、浸食していく気がします。

何か、心が重たいなと、感じた時、どうして、私は一生懸命、幸せを望むのに引き裂かれる気持ちがするのだろう、と、そう思う時には素敵な詩や本を読んだり、美しい芸術に触れてみたり、オーガニックな生活、清潔で整頓された部屋、お花を飾る、美味しいワインをいただく、優しい友人達に会う、スポーツをする。映画や音楽、観劇に訪れる、旅に出る、と、例えるときりがなく、生活の一部には幸せへと気持ちをリフレッシュさせてくれる道具がいくらでもあります。

が、それでも上手く行かないのなら、愛溢れるマザー・テレサの言葉を友人に贈りたいです。


d0142843_0174421.jpg




あなたが善を行うと、
利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう。
気にすることなく、善を行いなさい。

目的を達しようとするとき、
邪魔立てする人に出会うでしょう。
気にすることなく、やり遂げなさい。

善い行いをしても、
おそらく次の日には忘れられるでしょう
気にすることなくし善を行い続けなさい。

あなたの正直さと誠実さとが、
あなたを傷つけるでしょう
気にすることなく正直で誠実であり続けなさい。

助けた相手から恩知らずの仕打ちを受けるでしょう。
気にすることなく助け続けなさい。

あなたの中の最良のものを世に与え続けなさい。
けり返されるかもしれません。
気にすることなく、最良のものを与え続けなさい。

気にすることなく、最良のものを与え続けなさい…。

マザー・テレサ


少しは元気になりますか?

きっと人の痛みまでもそれ以上に自分の痛みにしてしまう友人、負けちゃダメだよ〜♥
灰色の影は優しいところをくすぐりますが、叩き返しましょうね♪
[PR]

by yuklily | 2013-01-15 00:32 | culture | Comments(0)

Restaurant KAZU

福岡でお気に入りのレストラン♪

パリ、ノートルダム寺院から徒歩5分ほどにある、昨年末に訪れた1星レストランSOLAのシェフさんのお姉さんの旦那様のお店。

ご家族皆さんが、食世界にて人生を極める職人さんのようです♪

d0142843_19181096.jpg


福岡に戻って早速12月にも、そして年明け、昨日も大切な友人との食事の席に選びました。

アミューズの後にだされるKAZUの美しい前菜、九州産の素材を使用した野菜に鯛、新鮮かつ、色鮮やか♪


d0142843_19202547.jpg


冬は鱈の白子か、河豚の白子というくらい九州の食卓でも白子はとても定番の味。
フリットになった鱈の白子に柚子の酸味のソースにアルザスの香り豊なワインが合います。


d0142843_19224958.jpg


季節先取りの春山菜、こごみにふきのとう、竹の子、お魚もさわらと、菜の花のジェノベーゼに浮かんでいます。
野菜の甘みと山菜のえぐみが、さわらのソースとしてどちらも相乗溢れる食感でもあります。


d0142843_1926614.jpg


ビルゴー家のシャロン産窒息鴨、に牛蒡に冬玉葱にトリュフ。
控えめで優しい塩加減、以外にさっぱりいただけます。


d0142843_192837.jpg


練乳アイスに苺とサクサクのビスキュイ♪


こちらのお店ももしかしてミシュラン1星でしょうか?
美味しかった♪


奥様お手製のパンも美味◎
[PR]

by yuklily | 2013-01-09 19:31 | gastronomie | Comments(0)

Bonne Année 2013

Par les temps qui courent! J'espère que Dieu exaucera toutes nos prières!
Une Bonne et Heureuse année,entouré de sa famille et de bons vrais amis!

Amen ♡
[PR]

by yuklily | 2013-01-06 01:27 | voyages | Comments(0)