<   2012年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

鶉の新米リゾット♪

d0142843_755987.jpg



ココットでお米と鶉を煮込み、岩塩とクコの実、胡麻に刻み海苔。
オリーヴ油。。。この後にパルメジャーノ!
[PR]

by yuklily | 2012-10-31 07:56 | gastronomie | Comments(0)

Domaine de Chantilly

Crem Chantilly....泡立て生クリームが初めて生まれたキッチンを持つお城

d0142843_224526.jpg



人は生まれ変わると馬になると信じていた程、馬が大好きだった城主の持つ素敵な舞台を拝見して参りました。


d0142843_283366.jpg


舞台裏


d0142843_281496.jpg


円形の遊戯場


d0142843_285783.jpg



犬の火の輪くぐりまで

d0142843_210588.jpg



動物と人との心がものすごい信頼と愛とに繋がっていなくては出来ない技ばかり。


d0142843_2133820.jpg



幻想的な世界でした◎
[PR]

by yuklily | 2012-10-31 02:15 | culture | Comments(0)

Boucheries Nivernaises

お気に入りのお肉屋さん


d0142843_933424.jpg


パリ、リッツエスコフィエの頃からのお付き合い◎
初めて訪れたのは料理学校のテルヌ市場見学の帰りに、星付き以外のお店には肉を卸さない、A.O.C、ラベルルージュのお肉屋さん。

羽をつけたままの美しい雉がまだ眠っている柔らかさにはびっくりしました。
羽は、服飾学校の学生さんが、頂きに来て、制作に使うともらっていくのだよと、美しいものには、何と、無駄がないものだろうと、そんなお話を伺ったのを覚えています。



この頃、リノベーションを一瞬で終わらせ、さらにパワーUP!お洒落◎


d0142843_936694.jpg



今晩はお肉の骨がディナーかな?
缶詰めやドライフードは美味しくないものね。
[PR]

by yuklily | 2012-10-28 09:40 | paris | Comments(0)

vongole tagliatelle

d0142843_8361265.jpg



ブルターニュ産のムール貝に季節の貝、茸も。
お好みでパルメジャーノを散し、レモンを絞る。


d0142843_8365868.jpg


海藻と茸の食感は似ているような気がします。
貝との相性もなかなか美味しいと思います。
例えば、キクラゲなども海藻のような食感にクラゲのような名前。
[PR]

by yuklily | 2012-10-26 08:34 | gastronomie | Comments(0)

オーガニック野菜の印

かたつむり


d0142843_2312102.jpg



なんだか葉は穴が空いてるけど、虫さんが美味しく頂いたものなら健康な気がします。
本来なら農園の暖かい土の中や畑などに居るのに、パリまで来てしまいました。

中庭の緑の中へ逃がしてやりましたが、土が合うでしょうか?
[PR]

by yuklily | 2012-10-22 23:07 | gastronomie | Comments(0)

ノートルダム大聖堂

d0142843_1749517.jpg


毎回訪れる度に見ほれてしまうステンドガラス


d0142843_17495282.jpg


小雨の中の木漏れ日も美しかったです。



d0142843_1751717.jpg




蝋燭に灯りをともし、お祈りのメッセージにサイン、最愛な言葉ですね。
りえちゃんの願いも叶います様に☆
[PR]

by yuklily | 2012-10-21 17:52 | paris | Comments(0)

職人さんのつくる鞄♡

オーダーから一年目、やっと手元に届きました♪
嬉しいお買い物◎made in japan

d0142843_15353449.jpg



ダチョウの皮◎オーストリッチ♪

ダチョウというと羽にしろ肉にしろ、皮にしろ、無駄のない生き物。
鶏卵20個分がダチョウ卵一つの大きさ、その卵の殻自体も照明のベースや彫り物や絵付けなどのアート作品にもなる。

また古代エジプトの絵画にも登場します、特に羽根は古代エジプトにおいて真実と公正の象徴として、神話の神々やファラオの装飾品にも用いられていました。

ソニア・リキエルさんのファッションにもよくダチョウの羽が使われたドレスやコートが定番で毎年登場してきます、あのフワフワな羽、とても可愛く揺れて女心をくすぐります。

南アフリカのダチョウ牧場でのレースも思い出します。2mの大きな身体に長い足、人を背中に乗せて走る事もできます。

とても人類に大活躍している動物、鳥なのに空は飛べない。

そしてその皮に色染めからデザイン、沢山の手仕事で完成された鞄、ダチョウさんも幸せな姿に変身です♪空の旅が多い私にとってはダチョウさんとボヤージュな気分も楽しくもあります◎



Cornelian Taurus by Daisuke Iwanaga.
[PR]

by yuklily | 2012-10-05 16:32 | mon panier | Comments(0)