<   2011年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ひと粒のメッセージ

カンロ飴♡好き




お醤油のほのかな香りとお砂糖の甘さが絶妙!

パリへのお土産をそろそろ考えてる感じ。
[PR]

by yuklily | 2011-05-31 21:17 | gastronomie | Comments(0)

佐賀へ

九州新幹線で新鳥栖まで、そして新鳥栖から佐賀駅まで

d0142843_124046100.jpg


さくら

以前ツバメで利用されていた機種の車両、、、自由席でも背もたれ、膝掛けはチーク材です。
洗面所横のパウダールームのスペースはなんと簾で仕切られていて電車が揺れると簾も揺れて風に動く
姿のよう。
一瞬、温泉宿のような創り、お香のアロマをその空間から感じるような気配でした。
素晴らしいデザイン。

d0142843_1246082.jpg



松原神社 (佐嘉神社)

さすが焼き物の里らしく、伊万里焼きの鳥居です。

d0142843_12482510.jpg


台所の神様に火の元の安全を祈願。

荒神様の宿る竃の下にロウソクを灯しお祈りしました、美味しいお料理の火加減も上手になるかな。

*かつては家の中心であった竃。その竃には「荒神さん」と云われる火の神様が宿られています。
荒神様は大変気むずかしい神様で祖末に扱うと大変なことになりますが、大事に大切にすると災難から守ってくださり、幸せにして下さいます。


火の神様!
[PR]

by yuklily | 2011-05-23 12:56 | voyages | Comments(0)

Carlos Aguirre ♪Milonga Grus




アルゼンチンのピアニスト♪

去年頃からはまりつつあるアルゼンチンサウンド
...旅にまたでたくなってしまう。

常にリセットしては新しい刺激を美味しい栄養素にしたい気分の時に
聴きたい音楽、観たい映画、装う服装、髪型を変えてみたくなるように
遠く知らない世界を旅してみたいと思う。
[PR]

by yuklily | 2011-05-21 23:51 | musique | Comments(4)

野球ダ!

玄界灘の潮風に〜!ラララ♪

野球観戦に訪れてみました。
西武VSホークス
d0142843_4342568.jpg


すごい活気ダ!


小久保弁当、選手出身地和歌山県の産地メニューでうめられた豪華なお弁当
d0142843_4371584.jpg


応援側も腹ごしらえしなくてはね。
d0142843_4385966.jpg


d0142843_4392032.jpg



残念、首位ホークスですがこの日は惨敗、、、。
でも応援する沢山の声援と夢にひたむきに挑戦する選手の姿はかっこいいです。

d0142843_4413269.jpg


戦うんだ!
[PR]

by yuklily | 2011-05-18 04:42 | culture | Comments(0)

洋食の店 橋本

熊本女子会〜!
美味しいご飯はつきものですね♪

d0142843_18165510.jpg


和な食材に技法を洋食風にアレンジした前菜、優しい味付けに塩がふわっと。

d0142843_1816501.jpg


穴子とムースのベーコン巻き

d0142843_1819186.jpg


牛フィレの黒粒胡椒

d0142843_18194660.jpg


アップルパイ




熊本で優しい洋食にほっこり〜。



食後はギャラリーへの眼鏡展示へ

d0142843_1821957.jpg


と、思いきや早速また食べたり飲んだり。。。

d0142843_18213883.jpg


叩きキュウリはすでにおやつ感覚でしょうか?

d0142843_18221743.jpg


マオちゃんとサティーと女旅◎

九州新幹線開通、福岡〜熊本間が30分と随分近くなりました。
[PR]

by yuklily | 2011-05-15 18:24 | gastronomie | Comments(0)

仮面とエロス

d0142843_13391528.jpg


2年前だったかな。西麻布で。
日本滞在中、あっちからもこっちからも「ご飯行こう!飲み行こう!」とお誘いの声は
嬉しいことなのですが、一人一人にお時間を合わせていたらとても滞在日数内では足りない。

そこで考えたことが、同じ箱に、友人、知人達を集めてしまえば一日の空間でコトは足りる!
もちろん軽食、アルコール、さらにDJ.VJ、食に音楽と映像付きでおもてなしをする。

100人程が集まってくれて、九州の酒蔵からは9社各位、新酒の提供をいただく。
これも暖かい友人のサポートのおかげ。未だに感謝です。

この日、久しぶりに再会する友人達、また友人が紹介してくれる新しい出逢いに、
「かっこつける」とか「気取る」なんてコトをして欲しくはなかったし、日頃多忙な
生活を送る友人達ばかりなので、日常抱えるストレスも悩みなども持ち込んで欲しくは
なく、パリと日本、離れているからこそもっと素で友人達と語り合いたい、
本当の自分とは仮面の下にあるのではないか?と。


友人達に仮面着用をお願いしての、プライベートパーティーを開いたことを思い出す。

どうしても呼び寄せたい友人についてはエアー、ホテル代もおもてなし代としては高くは
感じない程。だって日本で実際に御会いしていたら食費で飛ぶ額と計算する。

パーティーは本当に暖かい仲間に囲まれて、あの熱気に笑顔、再会を祝う宴。
思い出すと懐かしい。

またもう一度、出来るかな?

年内に「祈り」と「愛」
[PR]

by yuklily | 2011-05-12 14:18 | culture | Comments(0)

ガラスの仮面 Lesson 2

38〜41巻まで一気に読む。
紅天女のストーリーだけで一体何巻あるのでしょうか?
ひょえ〜。久しぶりに漫画読んでる。

現代版絵巻という感じでしょうか?
とすると、作者の美内すずえさんは清少納言といえるのかしら。

d0142843_10322581.jpg


合わせて、京都へお伺いしたおりに古本屋にて梅若さん資料がまた準備
されていたように並ぶのを見つけ、購入。

すでに骨董価値がついているのでしょうか?
本に印刷されてる定価1.8倍の価格。
古本屋から徒歩5分の京都オークラ一泊分より本の総額が高かったのは懐に
痛かったけど何よりも貴重な資料と即出逢えた感動は、無駄に探し歩く時間
のロスを考えたら安いもの。

華の能 梅若500年

能面百姿

尾張徳川家 能楽名宝

能の絵本

「能」の世界にどっぷりという感じですが、やはりその世界から知る情報は沢山の
刺激を私に与えてくれます。
物語の歴史、仮面、着物、染色から草木、小物、道具、音楽、空間、時と場...
最終的に「舞」の原点、その形。

同時に生命の生まれて来た核な部分まで遡ってしまう。
日本の誕生、その前と後、、、。

500年の歴史を支えて来た「能」単純に考えても骨組みは複雑でその骨についた
肉に筋をどう味わおうか考えます。

お料理の次に終わらないお勉強が始まってしまったようです♡
[PR]

by yuklily | 2011-05-09 11:06 | culture | Comments(0)

Vichyssoise Glacée

d0142843_11533094.jpg


新じゃがいもと新玉ねぎの甘さを引き出した冷製スープ
ブイヨンは必要ありません。
日差しも暑く初夏を感じるこの季節にさっぱりと大地の春をいただいてください。

作り方はいたってシンプル

深めのフライパンに新玉葱、新じゃがを薄くスライスしたものをバターまたはオリーヴ油で
しんなり火を通す、香ばしく油が絡めば材料ひたひたまで水をはり、具材に火が通るまで
くつくつ煮込む、水気が飛び材料に火が通ればそこにまたひたひたに牛乳を投入。

お好みの塩加減で味をつけたら木べらで材料を混ぜ火から下ろす、次にミキサーで滑らかになるまでしっかり混ぜて、後は冷蔵庫で冷すだけ。

黒胡椒とアクセントに緑を飾ります。オリーヴ油を数滴落としても美味しい。
[PR]

by yuklily | 2011-05-08 11:53 | gastronomie | Comments(0)

MO

d0142843_23349.jpg



Atelier a la Fondrie et avec les artistes de la ville Fontenay sous Bois
open *le 7 et 8 mai 2011 a 11h~19h
place *23 rue de Neuilly 94120 Fontenay sous Bois. France


友人画家からのアトリエの招待状が届いていましたが、パリ不在の為お伺い出来ません。

フォンテーヌ・ブロー近くの緑に囲まれた静かなアトリエが公開されます。
お時間がある方は週末を過ごされてみてはいかがでしょうか?

アーティストさんご本人もいらっしゃいますし、カクテルにBBQもありかな?
気の合う素敵な出逢いもあることと思います。



MO MAURICE TAN.


画が上手くていいな。私の子供の頃の夢は画家になることでしたがさっぱり。。。
憧れの職業!
[PR]

by yuklily | 2011-05-08 02:41 | culture | Comments(0)

比叡山延暦寺 

京都府内から車でおよそ1時間ほど、山頂を目指して山道をくねりくねり登り
進む、山桜に山藤、新緑にあふれるのどかな自然の景色、麓の世界がどんどん
遠くに霞んで見えていく眺めはいかにも下界という感じ。

初めての比叡山登頂!

まず到着して心を奪わられるのは森ともいえるくらいの木々の雄大な姿に景色

d0142843_12415081.jpg


d0142843_1242272.jpg


樹齢1000年級の松に桜。大きい!老齢を感じさせない見事な桜の花もつけています。
満開の期を終えた花びらが高い空から散る姿もなんとも美しい。
風にのって地面に渦巻く花の動きに花の命の短さを感じます。

花が散り、また実を付け種になる。

d0142843_12491830.jpg


この日は築1200年の経つ国宝根本中堂内、仏間の空間にて梅若六郎玄祥氏によるお能の
舞台真っ正面にお席をご招待していただきました。

正面の天井を眺めるとこちらにも季節の花々や木々を描いた天井画。
自然界との共存を深く考えさせられます。

普段撮影禁止なのですが、この夜は特別に撮影出来ました!^^

d0142843_135037.jpg


こちらの腰を降ろした目線の位置に仏像さまが全く同じ目線の位置にあるという
配置もなかなか他のお寺ではないことと伺いました。
四角く切り取られた仏間の奥に静かに広がる別世界を同じ頭の位置で眺めるとは。。。

光とは誰の頭上でも同じく照らされていることを感じます。

宗祖伝教大師の「一隅を照らす」という言葉がよぎります。

伝教大師は私たちに、「一隅を照らすものは、国の宝である」と諭されております。
自分だけの幸せを求めるのではなく、社会の人々の幸せのために、自分の生きて行く
姿に最善を尽くすことと。道心のある人々のことを導く言葉。

ふむふむ。。。

さておき、

能舞 「祈り」 梅若玄祥

作  藤間勘十朗
演出 梅若六郎玄祥

新作 甲冑能 「信長」

若者 (前シテ) 信長(後シテ) 梅若玄祥

旅人  角当直隆
僧兵  川口晃平
所の物 山本東次郎
笛   竹市 学
小鼓  大倉源次郎
大鼓  山本哲也
地謡  山崎正道 田茂井廣道 林宗一郎 井上和幸



名前あるもの全てに命があること、魂はどんなに時を超えても生まれ変わっても
決して他の存在にはなれない、同じ魂であり続けるということ。
DNAは永遠に残されていく記憶であるということに歴史が証明してきた過去と
これから私達が残していく歴史という一隅に照らす光の未来に「能」という
伝統文化を通して「生きる」という大きなテーマが胸に刺さりました。
[PR]

by yuklily | 2011-05-04 13:51 | culture | Comments(0)