<   2010年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

一人ディナー

マミーから頂いた、アヴォガドと、ゆで卵、荷作り中ご飯。

d0142843_74172.jpg


軽く泡

d0142843_7415562.jpg

[PR]

by yuklily | 2010-02-27 07:42 | paris | Comments(0)

agne de lait

アルプスの少女ハイジに憧れて、リアル子羊に触れる事が小さな頃からの夢でしたが、
なんと、本当にアルプス山脈の麓で、生後半日の赤ちゃん羊を胸に抱くことが出来ました◎


可愛いです。


足もよちよち、お母さんのお乳を探すも、まだ目がよく見えていないようで、母乳を
いただくのも困難な様子でした。

でも、やはり、この赤ちゃんも約4週間後程にその命は私たちの肉や血となります。


フランス料理には欠かせない春のお料理です。

通常、謝肉祭に乳飲み子羊を頂きます。

ちょっと、今は、言葉には出来ませんが、すごい食の原点を巡る旅に来てしまいました。



d0142843_2157441.jpg

[PR]

by yuklily | 2010-02-27 03:58 | voyages | Comments(0)

vacances

パリは今週末からヴァカンスに突入・・・なんのお休みだったかはわかりませんが、
週末から大陸大移動が起こっているようです。

私もそんな理由で明日からヴァカンス。

初めて!フランス住んでて!ヴァカンス中に旅行いくなんて!

ワクワク!春休みです◎
[PR]

by yuklily | 2010-02-21 10:52 | paris | Comments(0)

一人ランチ

冷蔵庫にフレッシュなロニョンが残っていたので、赤タマネギと青リンゴとバニラビーンズを加えて。

d0142843_2243402.jpg


約、一時間後にはシャンゼリゼで友人とお茶の待ち合せ・・・。

デザートはカフェに後回しで、これから身支度。

心地よい土曜日の昼下がりです。
[PR]

by yuklily | 2010-02-20 22:05 | a la maison | Comments(2)

yeahhhhh!!!

今日、ミラノ行きのエアーとメゾンの予約完了!
後は山奥の家のステイタイムの変更と電車のチケットの変更。

ミラノって一体、どういう街なのでしょうか?
初めてなのでとても楽しみです。

朝の濃いエスプレッソも楽しみ♪

パリは3月2日に戻ります。
[PR]

by yuklily | 2010-02-18 05:46 | culture | Comments(2)

SHOKO

農家の方です!牛を育てているとのこと!

彼女とパリ最後の晩餐

マグレ鴨コンフィに温野菜とポーチドエッグ

d0142843_5391677.jpg



最後はクレモンティーヌ

d0142843_5395115.jpg



SHOKO



d0142843_5402187.jpg

[PR]

by yuklily | 2010-02-17 05:40 | paris | Comments(0)

カーテンと空

パリは今日、最高に天気が良いです!

気持ちいい☆

d0142843_2255055.jpg
d0142843_2262975.jpg

[PR]

by yuklily | 2010-02-16 22:06 | Comments(0)

NAMIHEY BAG

なみちゃんの考えた可愛いなみ平バック!

出来上がるのでしょうか?

ミラノコレクションで出て来たら笑うな...。
可愛すぎる!

額の富士山がまたたまりません。

新しい絵画のひとつとして、寝室の壁に貼ってみました◎



d0142843_21594610.jpg

[PR]

by yuklily | 2010-02-16 22:00 | culture | Comments(1)

BIO

早朝からBIOのマルシェで食材を調達、プレサレがこの日のメイン、そしてナット、ポワロー、マッシュルーム、トリュフ入り塩で味付けしたカスロール料理の出来上がり。

そして、株の葉入りのオムレツ。

自然とビールに始まり、泡に赤、全てがBIOのワイン。

グランクリュもいいですが、優しい大地の味がするお食事にはビオワインのような素朴で自然なワインが合ってる気がします。

食卓からBIOの提案。

オイル、バター、塩、今ではお土産になる程、人気高級商材です。
そういう材料を使う事で、食材の素晴らしい味だけのお料理が出来ます。

ぜひぜひ、みなさまにも、材料には気を使っていただけたらなと思います。


d0142843_721569.jpgd0142843_7221624.jpgd0142843_7223614.jpgd0142843_7225886.jpgd0142843_723243.jpgd0142843_72475.jpgd0142843_7243471.jpgd0142843_725132.jpg
[PR]

by yuklily | 2010-02-15 07:12 | Comments(0)

上の階の人 6階↑

はぁ〜。

上の階のオーナーはずーとイタリア住んでて、イタリアの遺跡や古代建造物の修復をする方なんですが、毎日、朝帰り、昼も夜もどんちゃん騒ぎです。久しぶりのパリの巣◎

イタリア帰りのフランス人は、他のフランス人よりスイッチが入ったままのような不思議な魅力を持っています。

イタリアに比べれば、パリは近代化と便利化の網の目のような古代都市。
フランス人が自分の国が一番、古くて自慢としてたものが、イタリアに行って、何か落ちた救いのようなものを感じるのでしょうか?


普段は6階、オーナーさんは、両親の遺産の処理でパリにアパートを構え、賃貸アパートとして、格、国々からのクライアントに貸す商売にもしています。

騒がしいのは、きっと、貸した後の部屋の使い方が貸した国々の人の使い方で様々に違ったからでしょうか?

未だに、疑問です、普段のインテリア、生活様式、随分と変わって来ていますが、実際、自分の国の伝統的生活を経験してきたか?と。。。

月末は、アルプス山脈近くにある田舎の冬の生活を体験して来ます!!!!


これも食文化の一つです。


写真は雪の中、薪を取りに行くところ。






d0142843_7485271.jpg

[PR]

by yuklily | 2010-02-14 07:44 | paris | Comments(2)