<   2008年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

from paris to japan

パリより無事、また日本帰国いたしました。

エアーはKLMを利用♪

機内食結構しっかりしてて好き。
行きは日本食、オークラの和食「山里」のお弁当機内食でした。
戻りは、おっ〜南アメリカ料理?パッケージ可愛いし♪ワインもまあまあ。

d0142843_12183531.jpg
d0142843_12184630.jpg


豆サラダ×チキンのトマト煮+サフランライス(ブラジル料理)


d0142843_12194931.jpg
d0142843_1220788.jpg


間食で嬉しいのがアイスクリーム(味はクリームキャラメル)


d0142843_1222754.jpg

[PR]

by yuklily | 2008-05-29 12:21 | voyages | Comments(0)

a la maison de campagne !

Normandi.

週末は日本から持って来た野菜の種を植えに、ノルマンディーにある友人の農園の家に行って来ました。


d0142843_9384030.jpg
d0142843_9385655.jpg
d0142843_9392545.jpg
d0142843_9394474.jpg
d0142843_940234.jpg
d0142843_9401983.jpg
d0142843_9404365.jpg
d0142843_941250.jpg
d0142843_9412186.jpg
d0142843_9414570.jpg



パリから車で2時間。

お家の裏はもう森、鳥がさえずってるし空一面に、目の前は太陽!
ジーンズも靴も土でドロドロになって、塀の上に生ハムとかチーズ、自家製ピクルス、ブータンノワール(畑でチギッタルッコラ)、アニョのメダイヨン。

ワインはコントラフォン2005、モンテリエでした。




d0142843_946323.jpg
d0142843_9465986.jpg



朝、小一時間くらい散策。

・・・それから村で行われていた蚤の市によって
(ノルマンディーらしい、リンゴの木が花をつけていました)


d0142843_9545145.jpg
d0142843_9551416.jpg
d0142843_9553685.jpg



村のムッシュに聞いた感じの良いカフェでランチでした。


d0142843_9571477.jpg

d0142843_1402695.jpg

[PR]

by yuklily | 2008-05-19 09:47 | voyages | Comments(0)

cahier de recette pour douceurs

新しい、レシピ作りました〜♪
夏のレシピサッパリスイーツ。レモン、マンゴー、パイナップル、桃、ヨーグルト、ミント、バジル〜♪

基本ベースとなるシロップ作りはヴァニラビーンズやカルヴァドス、シードルなんかで。

夏の熱いイメージでチョコの熱々クロケット(串お団子大)、衣を破ると中から激熱チョコとろけます。
だからこれは冷え冷えのアイスとともに〜。

麦茶アイスとかありかも・・・。水瓜のコンフィなんてのもありかもAVECパッションフルーツ・・・わ〜日本のデザートとか考えるとまた広がる、止まらないです☆


d0142843_020994.jpg
d0142843_0202445.jpg

[PR]

by yuklily | 2008-05-17 00:20 | dessert | Comments(0)

pho

ここはパリ?

エチエンヌマルセルに並ぶ厨房専門店に寄った帰りに今日のランチは
パリ中華系コミュでもかなり渋い一角にあるフォーの店へ。


d0142843_10373070.jpg


澄んだスープ、フレッシュミントとタイバジルの葉、そして生モヤシをスープに絡めて頂きます、最後に反切れのレモンを絞って。

ここのフォー・・・もくもくと無言で食べてしまう・・・美味しいだけじゃなく完食までの間、どっぷりとフォーの世界に引きずり込まれてしまいます。

d0142843_10404697.jpg


常に満席、私もしばし待ちました。

d0142843_1164757.jpg


ゴロゴロリーン♪
[PR]

by yuklily | 2008-05-16 10:46 | gastronomie | Comments(0)

sur la assiette

ドゲンスルト?(困った時の博多弁)

小玉葱からすくすく葉が生えてきていた。


d0142843_8522565.jpg

[PR]

by yuklily | 2008-05-15 08:52 | legume | Comments(0)

petit dejeuner

朝食*カフェ・クレームとパン・オ・ショコラ。(たまにクロワッサンかタルティンヌを選ぶ日もある。)

カフェ・クレームの好きな飲み方はお砂糖を泡にかけて溶かさず(カクテルでいうとグラスの淵に塩とか砂糖とかつけた状態)

砂糖を口の中で溶かしながら熱々カフェをいただく。
カップについた砂糖のザラザラ感を舐め飲む。
カフェ液体に微妙に溶けた砂糖の味、そして最後に残留した砂糖とともに飲み干すカフェの味が好きです。

パンをたまにカフェに浸して食べても好き・・・♪

パン作りな友人に言わせると、クロワッサン、ビノワズリー系は食感のサクサク、パリパリを楽しみ、中のモチモチ感を楽しむものだ!と。
せっかく上手に焼き上がったのに、コーヒーに浸されてはその食感を持たす意味がナイ!コーヒーだって不味くなるでしょーー!!!(激怒)


ごめ〜ん、今日もやっちゃったわ。と友人の顔を思い出した朝でした。


d0142843_5495313.jpg
d0142843_5502095.jpg

[PR]

by yuklily | 2008-05-14 05:55 | paris | Comments(0)

tea time

パレ・ロワイヤル劇場の裏にある小さなカフェでマドモワゼル・アメちゃんと。

4時にパレロワイヤルでね〜♪A tout a l'heure ♪
で、待ち合わせの4時にきっかりとメトロの出口を出た時、気がついたこと。
あ、携帯忘れた〜シマッタ〜、パレ・ロワイヤルでとは言ったけど、こんな観光客ばかりの広い回廊の公園の中で、細かい場所とか決めてないのに、どうやって逢えばいいの〜。

とりあえず、公園の庭の真ん中、歩きながら周囲を見渡してAちゃん家の方角の方をみたりしたけど姿は見えない。

ぐるぐるするのも面倒くさいので、とりあえず、お気に入りのカフェが角にあるし、
たぶん、こういう時は信じよう、逢えるって・・・。
白ワイン1杯飲んで清算をした時でした。

「きゃーーーーーアメちゃん〜!」
「あっ。」笑顔〜。

やっぱり、信じると願いは叶うんだ〜とこの時、初めて思いました☆

「ムッシューごめんなさい、もう一杯飲んでいいですか?」
と立ち上がった席にまた戻った私。

しかもアメちゃん私と色違いのカンボジア土産のスカーフ、着けてきてくれてる♪
似合ってる〜♪可愛い、可愛い☆


d0142843_4973.jpg
d0142843_492250.jpg
d0142843_494042.jpg
d0142843_410292.jpg
d0142843_41029100.jpg
d0142843_4104820.jpg



今日のデザート♪


カフェ後、ギャラリーとか観ながら帰る。
螺旋階段の素敵なアパート発見♪
d0142843_4112143.jpg
d0142843_417228.jpg



アメちゃんから頂いたサプライズプレゼント、木製のフォークとナイフ♪
merci☆


d0142843_4185449.jpg

[PR]

by yuklily | 2008-05-12 04:12 | paris | Comments(0)

le vin avec cinema a la maison

MENETOU-SALON 2006 l'aouette 〜eari tour saint-martin.


サンセールのようなミネラル感、貝類、甲骨類に合いそう。
ザラつきのある糖を少し感じます。ちょっと荒い土っぽい。
それで酸味がやや崩れるけど枯れた樽香をかすかに感じられます。
あ、てことはチップ製法?
10ユーロ弱にしては悪くない♪


d0142843_9372679.jpg
d0142843_9374558.jpg



マレの通りかな?
観てた映画はこんな感じ。


d0142843_9382317.jpg



映画は1978年もの

d0142843_9483612.jpg
d0142843_9485511.jpg

[PR]

by yuklily | 2008-05-11 09:38 | cinema | Comments(0)

tres leger

カルパッチョ・ド・ブフ

お肉じゃなくて、クー・ド・ブフ、トマトのカルパッチョ。

青紫蘇と茗荷散らして、オリーブ×柚子ダレでさっぱりと。


d0142843_7532213.jpg



フランスではポム・ド・アムール(愛の果実)と呼ばれています。
トマトに含まれるリコピンは細胞と細胞をくっつけるコラーゲンの役割を果たします。
トマトが夏の野菜の代表としてあげられるのも、夏に痛みがちな肌の回復を補う為の自然の治癒だと改めて自然に感謝します☆



話は違うけど、昔のフランス映画なんか観てたらすごくかっこいい、ファッションとかあまり変わってないし、昔が進みすぎたのか今が衰退してるのかはわからないけど。
時代背景まったく変わってない状況がフランスの強いところだと思います。

なんだか久し振りに今年はA.P.Cとかアニエス.bとかこの歳でまた着てみたい♪
夏はミーハーなノリでアクセもジャラっと。

夏日でした今日もパリ♪
[PR]

by yuklily | 2008-05-11 07:59 | gastronomie | Comments(0)

souvenirs de cambodia

私、やっぱりアジアが好きかも知れない。
去年のタイついでに立ち寄ったアンコール・ワット。
タイから40分のエアーで行けるという近距離、2泊の滞在。

バイクー、ガイド1日30ドル(チップ込み.交渉次第)
空港からオリエンタルエキスプレス指定の5☆ホテルも彼の背中にしがみついて到着。
ヘルメットとか無しヨ。
埃だらけの砂利道で全身、目、耳、鼻、喉、全て砂塵たっぷり吸い込んでます。

到着日、アンコールワットの夕日を観に行こうとガイドに誘われたけど、喉に激痛、熱っぱい・・・こりゃ夕日どころじゃない。朝日の方が観たいと伝えて翌朝5時に約束をする・・・。

薬を飲んで安静...と思いきや深夜、激発熱、シーツも汗でびっしょりだ。
とにかく朝の約束までには治さなきゃと祈りながら深過ぎた眠りに時間は待っててくれず・・・。
目覚めたのは朝9時、太陽とっくに昇ってる。

d0142843_3174514.jpg


ガイド、さすがにもういないよなーと、諦めつつも呑気に朝食後ホテルの表にでると、きゃー!
「いた〜!」・・・良かった〜今朝のブッチ謝らないと・・・でもまさか朝からずっと待ってたんじゃないよね?

彼、40分位は待っていたらしいけどその頃から日が明けて来たから一度帰宅してそれからまたふらりとホテルの前を通ってホテル玄関前に群がるタクシーやトゥクトゥク、ホテルの門番なんかと世間話してたとこだったらしい。

d0142843_101729.jpg


朝日の件はさらっと流して「じゃあ、今から行く?」て写真の笑顔。
いい奴〜。怒ってないの?
バイクの後ろで起きれなかった理由とかから始まって、世間話ししながらまた埃を散らし、かぶりながら、オエーッとなりながらも目的のアンコールワットへ向かう。


d0142843_8222612.jpg
d0142843_823367.jpg
d0142843_8253993.jpg
d0142843_8261156.jpg


全体をみるだけでも3時間はかかります。
ほとんどの仏像の頭や身体半身、建造物、細工の施された部分はフランス植民地時代になんと心のない少数フランス人らの手によって壊されフランスへ持ち込まれたと話しを聞きました。

確かに・・・左岸辺りの骨董屋、そんなのばかり並べてるよ...。
彼らがパリにやって来て、そのコレクションを眺めたらびっくりするわね。

次に「カンボジア料理〜♪地元の人のレストラン連れてって〜」とリクエストを伝えると、最初に彼が提案したのはカンボジア音楽、踊りとともに楽しむかなりケバイ店、お土産の販売もありますみたいな。「それ観光客相手でしょうが!違うの〜っ!」と訴える私。でも、彼の頭の中ではその店は高級店、観光客がよく入ってるし、きっと間違いないはず・・・この人、なんで嫌なんだろ?・・・だって観光客だろ???

旅行の楽しみ方は人それぞれですが、観光客同士が横のテーブルに座るような空間は苦手です。



ヤッホ〜☆市場〜私の一番Happyになれる場所。
「あの店入りたい!」と市場併設のレストランを指さし、ガイドに注文を指示する。

一日中、彼の後頭部の景色とハンドルを握りしめる手の甲くらいしか見てないし、この時やっと、彼の顔をマジマジとみたんじゃないかな。
食事中、彼からカンボジア料理の食べ方の作法みたいなのを教えてもらい、魚スープの魚の骨を外してもらったり。テーブルに数々並んだお皿をシェアしながら食べるのは楽しい、しかもローカルと。
お互いの好きな食べ物の話し、嫌いな食べ物、彼の友達の話、客の話とか聞きながら、大満足、料理は不味くなかった。

d0142843_10203258.jpg
d0142843_10205430.jpg


カンボジアの山奥、コーヒー農園があるらしい。
カンボジアコーヒーなんて聞いたことなかったけど。

ハタ織物、鈴製品、陶器、タイとベトナム、インドの文化が混じって一つになったようなハンドクラフトものとても素敵です。


あ、また煩悩の鐘の音が響く〜(笑)
あのままアジアの旅、続けてればもうとっくに今頃インドでカレー食べてるはず。

サリー着てガンジスで沐浴!夢で〜す♪

* この旅、私はバイクを利用しましたが、きちんとタクシーも動いてます。
[PR]

by yuklily | 2008-05-09 10:15 | cambodia | Comments(0)