Hotel Costes ❤️🍴

 Déjeuner !





Avec Anna Aiko Roche ...

いつも一緒。。。



でも久々のパリ再会🎶
日差しの良い中庭でランチ😋💫




チーズケーキおすすめ🎶











食後は、サロンに移ってカフェ もあり☕️💕💖


また夕暮れに図書室で一人、微睡むのも、居場所を変えた書斎にしても良い。


結構、お気に入りのパリの居処❤️



# by yuklily | 2015-04-19 02:44 | paris | Comments(0)

Lumières . The Play of Brilliants 😍✨

Éléphant Paname

10 Rue Volney 75001 paris.


LIGHT IN WATER 💫 DGT.




金色の苔でしょうか。綺麗な光


茶室の箱庭

円の内側と外側の境界を辿る。


水と光




水に光を映した舞台か、または、お茶室にも観えました。

一周、くるりとひと廻り、雨音の竹林の様に真っ直ぐに静か響く水の音❤️


とさえ、心が和んでしまう時が過ごせました。

🍵✨💫



🐈🐾











# by yuklily | 2015-04-19 00:19 | paris | Comments(0)

パリの桜🌸

OHANAMI & CHAMPAGNE 🌸💫


Café La Palette 🌸














# by yuklily | 2015-04-13 18:46 | paris | Comments(0)

すし岩 

蛍烏賊の酢味噌和え 菜の花 淡路産 いかなご の佃煮





鮑と帆立のお造り





和歌山の鯛





Puligny Montrachet





若竹の煮〆






このわたの細巻き





蝦夷馬糞 雲丹











お誕生日ケーキ も.... 🎂💕💖





ワインとお寿司の合わせ方も楽しむことが出来る、お寿司屋さん。
美しい器と盛り付けも、それぞれの食材の味も素晴らしかったです💕


大将、ご馳走様でした🍣

❤️





# by yuklily | 2015-04-09 22:34 | gastronomie | Comments(0)

Le Voyage de Mon Anniversaire in Kyoto 🌸

C'étais Délicieux goûte de Printemps a Kyoto 😋✨💫


桂川 嵐山




満開の桜 🌸



春の京都を訪れたのは初めてかも....美しい季節🌸💕❤️


今宮神社



あぶり餅 🍡🍵 無病息災を願い...







鴨南蕎麦🍶💫

蕎麦が健康に良い、植物であることは昔から知られていますが...。

蕎麦は細く長く伸びることから、縁起が良い食材でもあります。
寿命を延ばし、家運を伸ばしたいという願いが込められ、さらには、蕎麦は切れやすい、ということから、一年の苦労や厄払いを、きれい、さっぱり切捨てようとする意味もあるのだとか...。






健康と縁起を祈る食事で身体の中から美しく💝💕❤️


パワーUP😋💕











# by yuklily | 2015-04-09 22:04 | voyages | Comments(0)

München


美しい出逢いを過ごしたノイシュヴァンシュタイン城からミュンヘンへ✨🐴🐴✨



宿の正面にノイシュヴァンシュタイン城と麓の街を結ぶ馬車の発着場があったので馬車にて移動、たった1人でも、乗せて頂き、料金はなんと3ユーロでした。
2台目の馬車にはびっしり、中国人観光客がギュウギュウに詰められていたのに....






フュッセン駅からミュンヘン中央駅まで約2時間の旅

馬車も貸し切りでしたが、ラッキーな事に電車内もお一人様、貸し切りの旅。
車窓からの景色も、独り占めでした💕💫❄️⛄️



ロマンティック街道3泊4日の滞在で最終日にはミュンヘンにて美味しいドイツ料理と、舞台を堪能♪

お食事...私はビールを頂くならチェコの方が好きで、ミュンヘンなら、やはりリースリングを頂きたい、オーストリアの文化もMIXされていて、気品を感じるミュンへン。ロマンティック街道から真っ白い雪景色の中を静かな車内で過ごしてきた事もあり、観光本に載っている様な賑やかなビアホールは少々、疲れる気分...、宿の近くに見つけたサロン・ド・テに何気なく入ってみたら、これがまた大当たり❤️😊✨💫

ORLANDO - HAUS


Schuhbecks curry Sausage
プリプリのバイエルンソーセージに自家製のスパイスの効いたカレーソースとフライドポテト、黒パン付き

Riesling Dreissigacker .Edition A. Schuhbeck

白ワイン

天井にはクリスタルのシャンデリアが豪華絢爛☆

食後はミュンヘン市内をブラブラ、パリでも日本でも見かけない、ミュンヘンらしい建造物に教会、商店に市場などなど、旅は新しい刺激をくれる、本当に楽しい。


そして旅に出掛けると、その土地の劇場に訪れてみることも好きで、食と同じ様に、その土地ならではの
味わいを感じられる様な気がします。しかも、一人旅で週末の夜を知らない異国でどう過ごすのか?と、
考えると、ドイツ料理の一人前は多くて、夜には少しヘビーだし、少し胃休めもしたい。やっぱり舞台鑑賞かな...♪

パリ出発5日前に、何気なくバイエルン国立歌劇場のサイトを開くと、とても素晴らしい舞台のご案内。
しかも最高に良い席が、1席だけの空きがあり、即決でチケット購入。これは招かれていた客としか思えてならない。芸術を愛した、ルードビッヒ2世様からウインクでしょうか?

演目は3幕の舞台で構成されていました。

🌹Artifact II .  Choreographie,Bühne,Kostüm.Licht : William Forsythe Musik : Johann Sebastian Bach.

🌹The Exiles . Choreographie : José Limon Musik : Arnold Schönberg

🌹Zugvögel . Künstlerische Gesamtleitung und Choreographie : Jiri Kyliàn Musik : Dirk Haubrich
       Bühne und Licht : Michael Simon Kostüme : Yoshiki Hishimuma


🌟Bayerische Staatsoper🌟




ローエングリン 白鳥の騎士 の絵画も館内に飾られていました。
そして、とても美しいクリスタルのシャンデリアの光線が会場内にも舞台上にも瞬き、夢見心地....💕💖💘



音楽や踊り、芝居は私にとって、イマジネーションとインスピレーションの世界....雲の様に浮いているかと思えば、消えては、現れ、光を受けたと思えば、また影をつくり、また流れていき、様々な形に姿を変える...激しい稲妻を落とすことも、優しい雨や雪を降らすこともある。掴めない儚さがあるから好き。形に留まるものよりも、記憶に留まる永遠のものが好き。

料理もまた、目の前にある美味しいものを食べてしまえば、儚い現実として終わるから好きなのです。



イリ・キリアンさんの舞台衣装、日本人のデザイナーさんヨシキ・ヒシムラさんという方でした。
演者と、ともに舞う衣装もとても、素晴らしかったです。
言葉には表せない感動と余韻.....😍💕✨💫


至福❤️❤️❤️




# by yuklily | 2015-03-02 23:01 | Comments(0)

Schloss restaurant Neuschwanstein

ノイヴァンシュタイン城正面門まで徒歩5分の宿


お城のロマンティックなパワーが頂けそう...。

雪山の静かで清らかな空気にも癒される。


宿のレストラン、なかなか素敵♪

ランティーユのスープにソーセージが入ったお料理を頂きました、冷えた身体に染み渡るシンプルなお料理。




宿から山道を100M下ると小さな宿場が現れてくる、ツーリストインフォメーションに博物館、お土産屋、レストランなど。




シュヴァンガウ、麓の街








Schloss Hohenschwangau


ルードビッヒ2世が幼少期を過ごした城

その時代に焼かれたパンが貴重な資料としても、現在も残されていました。
感激!私のこれまでの人生にて最古のパンの化石を拝むことが出来ました◎

食あり歴史あり。


















# by yuklily | 2015-02-11 07:59 | Comments(0)

Schloss Neuschwanstein

ワーグナーの音楽の世界にもどっぷりな旅♪




雪景色のノイシュヴァンシュタイン城へと



⛄️❄️🌟


パリを早朝出発、ミュンヘン空港〜ミュンヘン中央駅〜フュッセンの街へと到着。
フュッセン市街から城のあるシュヴァンガウ、ノインヴァインシュタイン城のお膝元にある宿へと向かうTAXIの中、空を眺めると大きな虹が空いっぱいに広がっていて、素晴らしく美しいロマンティックな空色が出迎えてくださいました❤️
あの美しい空の色はまるで、ヴィースの巡礼教会でみた天井画の色彩そのもの。

訪れていた観光客も皆、カメラを手に空を見上げる人々ばかりだったほど。

感動♪♪♪

宿にチェックイン、荷物を置いて、お城へと✨💫💖



マリエン橋

この橋の上から城を眺める姿が一番、美しいのだとか。

雪で危険な為、改めて良い季節に眺めにいきたい。




遠くにはスキー場 

山に囲まれた景色 


その山の頂上に建てられたルードビッヒ2世の夢の世界





城内へとの見学へ向かう♪



城は未だに未完成のまま、ルードビッヒ2世が完成させたかった世界も、彼の夢の中に葬り去られたと、いうことでしょうか?

ドラマティックな人生と謎の死...。

城内の歴史には、ワーグナーというまた、天才音楽家の存在、生まれた舞台の数々...。


芸術が伝える大きな夢にまた触れた様な気がしました。

















# by yuklily | 2015-02-11 06:36 | Comments(0)

Wieskirche

世界遺産
ヴィースの巡礼教会

ロココ超に彩られたテンペラ画と金装飾の華やかな天宙の世界




血の涙を流したという不思議なイエスの木彫りの像、鎖で繋がれています。痛々しい...。
苦しみの淵にいる姿でしょうか...。

ジャン・ジャック ルソーの言葉で「人間は生まれた時は自由である。しかるに人間はいたるところで鉄鎖に繋がられている」という言葉が脳裏をよぎる様でした。



祭壇の上から天井を眺めると、美しい天界でしょうか...。

綿菓子の様な世界

または、マイセンの陶器で出来た宝石箱✨💫💕












# by yuklily | 2015-02-11 06:04 | Comments(0)

寒中お見舞い申し上げます 














銀世界 空に浮かぶは お月様





# by yuklily | 2015-01-20 05:26 | Comments(0)

🐏謹賀新年2015🎌


明けましておめでとうございます。




# by yuklily | 2015-01-07 22:20 | Comments(0)

Célebre Le pére Noël ❤️🎅💝🎄🎁🎉




Joeux Noël et Bonne Année 2015 ❤️






# by yuklily | 2014-12-22 02:05 | a la maison | Comments(0)

冬の味覚 

これは、寒ブリのあぶりかな?
まったりとした、辛口の日本酒に合わせたい。






そして、海の虎さん...河豚の季節


お刺身を薄くしても、その弾力といったら、お肉のカルパッチョのようです。
そこへ、紅葉卸しを添えたカボス酢と薬味を巻いて頂きます。
そして、京都、雲月の塩昆布。美味しい♪




お刺身だけではなく、唐揚げ、焼き、蒸し、特別な調理法で毒のある肝さえも、頂けることがある。
肝ポン酢というものがまた、さらにソースとして、美味。


丸ごと焼き白子
赤ちゃんそのものの様なピュアで美しいものを感じます。





塾生させた虎河豚の大きなヒレ酒
熟成期間は3年〜5年ほど。

私も家でヒレは捨てず、わざと、ヒレ周りの身も少し残して、切り落とし、太陽に干して、炭で炙り、それから自家製ふぐヒレ作りもそろそろ5年、今年、花を開かせてみようか。




ひれ酒は一度、マッチで火をつけて、軽くフランベした後、専用の蓋をして、しばし、蒸らした後、その香りを楽しみます。そして、至福の温かい身に沁みる温度。

お米から生まれるお酒は、食後のお米をさらに、美味しくさせてくれる様な気もします。

美しい酔いの宵。





甘い〆に御抹茶と❤️








❤️ゑびす堂❤️




年末年始は日本です。
美味しい河豚が恋しい、パリの夜でした。








# by yuklily | 2014-12-17 09:56 | gastronomie | Comments(0)

機内食





もともと熟成された薫製もののチーズやハムは保存も効くし、それらをただ、簡単にクラッカーに乗せただけのおつまみに、季節の果物のスライスなどで十分だとも、このごろ、思います。
もしくは野菜スティックなどやスムージー。

お菓子なら羊羹や和菓子の方が美味しいと思う。アイスクリームにヌガやキャラメル、ビスキュイなど。日持ちも十分、機内移動時間内では問題ありません。

短い時間を過ごす時も健康的なものを口に運びたい。
逆にリラックスしたいくらい上空では、全ての時間が止まっている様で、我を忘れていたい。
雑音から離れていられるのは、空の上だけかもしれません。



それよりも、機内食が作られている食品加工場の料理人ではない、調理作業人という方々の調理に使用している食材の添加物の量や甘味料、香料、食材自体の農薬の量も腐らないことを前提に育てられたものばかり。すでに遺伝子組み換え食品も含まれています。


恐ろしくて....私には食せません、せいぜい、頂けるのは機内のお茶とお煎餅、お水くらいでしょうか?


機内では寿司屋さんにて、オーダーした太巻き、穴子がたっぷりで美味しいものを頂きました、パリ到着後には、酢〆した鯖の美味しい松前寿司。しばらく日本の余韻にも浸れたパリ入りでした。
こうして、添加物を使用しない酢飯の食材、乾燥した海苔の果たす役割に添え物のガリ、松前寿司においては、上質の昆布に酢〆した脂ののった鯖、そして、笹の葉に包まれています。自然食品でも十分、美味しく頂けます。







行ったり来たりして思うこと。








# by yuklily | 2014-11-25 05:40 | voyages | Comments(0)

Musee d'Orsay

元々は駅舎だったオルセー美術館。
大きな硝子の時計窓が歴史を物語ってくれる様です。










光を胸いっぱいに広げる踊り子でしょうか?

大好きなドガの実物を、真っ先に観に来た日のパリの思い出も蘇ります。


久々にランチも兼ねて訪れてみました。









# by yuklily | 2014-11-20 01:51 | paris | Comments(0)

🌰 松月堂の栗きんとん 🌰

秋の味覚❤️





カッパドキアからパリ到着後、日本からの友人の手土産、栗きんとん頂きました♪

初めて食した松月堂の栗きんとん!美味し〜い😍
栗そのままのお味、というよりも栗以上に栗らしいお味というと変でしょうか。
幸せな笑みににんまりしてしまいます🌰栗さん、ありがとうございます❤️

木曽路、中津川の銘菓

秋の木曽路も美しいことでしょう。


漆塗り作家の伊藤紘さんから頂いた、秋の木の葉の漆皿に供え、頂きました。

美味しい秋を御馳走様でした🍁😘

# by yuklily | 2014-10-22 20:31 | dessert | Comments(0)

Le Sema   旋舞




メヴレヴィー教団の宗教行為としての踊り

私達の訪れた夜の舞台においては、万物に宿る精霊を崇拝するというストーリーで、ちょっと日本の神道的な唄をうたっていたことに、私は日本らしさも感じました。そこにお囃子の音色が重なります。
そして舞台の儀式が始まり、それからくるくると旋回を始める踊り子達、途中立ち止まり、大きく開いた花びらがまた閉じて、そしてまた開く姿に、白い花が見え、また、むすんでひらいて..という唄も聴こえてくるようでもありました。


# by yuklily | 2014-10-22 20:14 | culture | Comments(0)

岩のお家で生活をするおばあさん

日本のTV番組でも御紹介されたという、カッパドキアの岩窟にて暮らす、おばあさんにお会いしました。

私の大好きなCasukoさんとAnnaちゃんとの旅♪♪♪


旅に出掛けると、現地の方々がどの様な生活を営んでいらっしゃるのかを、知ることはとても楽しいし、ご自宅に招いて頂き、お話をお伺い出来るのはとても嬉しいことです。



編み物が大好きなおばあさんの手作りのレース編みのクロスや飾りもの、マフラーなどなど販売もされていました。カッパドキアの女性達はこうして、生活の糧としても編み物は貴重な手仕事の一つでもあるのだとか。
とても上手な出来上がりで素晴らしい毛糸の素材と、いうわけではありませんが、手のぬくもりを感じられるものは好きです。
私はとても可愛らしいピンク色の毛糸で編まれた部屋履きを購入。パリの冷え込むアパートでの生活に重宝しそうです♪




そして、おばあさんの持つ畑。
私達がお邪魔した後、農作業へと慌ただしく戻っていかれました。

自給自足の謙虚な生活、畑を営むことで自然を知り、大地を肥やし、人が自然と共存する姿に憧れます
編み物に農作業、日々休む事もなく、営む手作りの生活、手作りの岩の中の家。
まるでおとぎ話の様な世界に感動...。羨ましい生活。




そして、このおばあさんの岩の家の裏にはまた、岩窟にある教会があり、ご先祖代々、この教会を守られてこられたのだとか、教会の鍵を開けて頂き、中へ入ることも出来ました。




カッパドキアにはイスラム教徒からの迫害を逃れる為に移り住んだキリスト教徒達の祈りの壁画が沢山の岩窟に描かれていました....。
その後は結局のところ、キリスト教弾圧
迫害にあい、その壁の絵にある聖人達の目は全て削りとられ、柱は壊され、現在では痛々しい姿が残されています。

またここで、宗教とは何なのか、破壊と争いは絶えず続いていくものなのだろうかと....神の悲しむ声が聴こえてくるようでした。

カッパドキアという言葉は「美しい馬のいる風景」という意味であると、教えて頂きました。
美しい馬と美しい自然があるこの国で、祈りと安らぎ、平和を破壊した悪魔の存在があることももちろん、気がつかなくてはいけません。歴史が私達に伝えたいことを考える旅でもありました。




















美しい夕日に溶け込まれていく美しい景色




















# by yuklily | 2014-10-21 11:27 | culture | Comments(0)

Cuisine de la Cappadoce

食料自給率100%


飲み水も水汲み場から頂く事が出来ます。



農家の納屋に放し飼いの七面鳥も....




のどかな生活の風景があるカッパドキアの小さなな村のレストランにて、お料理を習うことも出来ました。




お台所も岩の中にあります。



焼き茄子と焼き獅子唐辛し、トマト、ニンニクをよく包丁で叩いて最後に塩、オリーヴオイル、ヴァルサミコ酢で合えたピュレ



羊のポット料理の中の具材、羊、玉葱、トマト、数種類の香辛料、大蒜などが入っていて、土釜で加熱していきます。







前菜の盛り合わせ



羊のポット



羊の肩肉の煮込み


デザートは干したアプリコットをシロップに漬け込んだもの、アップルティーが美味しいかったです。







# by yuklily | 2014-10-19 15:48 | gastronomie | Comments(0)

CAPPADOCIA

カッパドキア世界遺産の旅❤️

早朝5時起き、日の出の登場とともに、空を高く飛ぶ事が出来ます。



高さ5000メートルから地上までの約1時間をかけての上空の旅
...自然の彫刻ともいえる岩並みに、そこに暮らして来た人々の生活と文化の力を知りました。









教会もあります。





葡萄畑も。







# by yuklily | 2014-10-19 14:21 | voyages | Comments(0)

YOHJI YAMAMOTO et JEU DE PAUME 

YOHJI YAMAMOTO さんのお洋服はどこか民族的でいて、アジアな香りがして好き。

なのですが,,,,私は本当にお洋服がわからなくて、何をどう着て良いのか、何を買ってよいのかを、いつも悩むので、お洋服を買う時には、気分が暗くなるくらいなのです。が、女性として生まれてきたのだから、お洋服も好きになりたいと、これまで、お洋服代に関してもかなりお勉強してきたつもりです。
それこそ、どこかのブランドを一つに絞るくらいでなくては、ハチャメチャになってしまうので、今はお洋服はYOHJIさん、小物はどこで、靴はどこで、と、少しづつですが、絞られてきて、ストレスがやっとなくなってきたところです。

その点、着物は簡単、季節の色に柄さえ押さえれば、どう合わせても、美しいのですけど....

お洋服は...、売り場でぶら下がっている物をそのまま、自分のクローゼットにかけて、そのまま着るだけで今は良しとしています。まずそこから馴れていくことが楽。ましてやブランドと言われる存在のお洋服なら、そのお洋服から滲み出るオーラの様なものが、自分自身のもつ色や身体の形を上手にカバーしてくれて、裸でいるよりもより一層の魅力を引き出してくださるものだと、考えています。

年々、クローゼットの中もYohjiさんのお洋服で浸食されてきているので、定番系から少しデザインされたもの、ドレスに日常着、材料を分けるように、素材違いに並べることが出来て、少しづつですけど、合わせ方がわかって来た様な気がします。調味料をなんでも混ぜていたものが、最終的には塩だけで、美味しいお料理が出来上がれば良いなというのが理想的だと考えています...、歳を重ねるごとに自分を知ることとファッションも似ている様な気がします。

そんな私と、おつきあいしてくださるYohijiさんの店員さんにも、いつも感謝です。。。
大和さんLOVE❤️

さてさて、来年のお洋服、何をどう足して行こうかな、と、自分のクローゼットの中とお話をしながら、ショーを鑑賞することが出来ました♪





古布の様なテキスタイルや日本の絞りが組み込まれたお洋服も素敵だったし....




春夏のニットでしょうか?リゾートでのディナーに着たいドレスも良いし...




超セクシー、これは夜用の部屋着にしたいくらい....
レースと編み物好きにはたまらない...可愛い...❤️
一体、どういう生活をされる方が着こなされるのか、想像力まで広がります。

お洋服から感じる生活環境というものも、考えたいところです。

ウェディングドレスも登場❤️とても個性的





季節はこれから冬になろうとしていますが、来年の春夏を思い、また翌年へのエネルギーが沸々と湧いてくる様でした。










# by yuklily | 2014-10-19 13:53 | paris | Comments(0)

Passage 53 en debut de l'automne

食べることは生きること....
なので、美味しいものを身体に吸収して心身への良質なエネルギーを生きる活動源にするのはとても大切なことだと、私は考えています...。

時間があれば、友人のお店に顔をだすのも、楽しみの一つ。
パリに戻ると必ず通う様にしているPassage53.

一つか2つ、好きなお店が出来たら、変わらず通い続けることが好きで、あそこが噂の美味しいお店で〜と聞いて食べにいったとしても、その都度、右に左に新しくおつきあいを広げるのは、私、疲れてしまいます....ご縁のある身近な存在を大切にしたいと思います。
同じ店では飽きない?と、思われるかもしれませんが、春夏秋冬と季節毎に素材が変わるわけで、年に4回は最低でも星つきの旬のものを身体に取り入れる事が出来たらHAPPYなことだと思います。



セップ茸のスープ 



ランゴスティーヌにジュレとカブ



お魚はなんだっけ、忘れちゃった...セップのカプチーノソースも美味しかった



豚肉とジロール茸、生焼けに見えるかもしれませんが低温にてゆっくり火が通されています。




フランス産キャビアにパルメザンのチップス、ニョッキ





ライムのソルベ 蜂蜜たっぷりの小さなマドレーヌとカフェで〆





しんちゃん♪

優しくて、繊細な心がお料理にも映し出されています。いつもありがとう。


# by yuklily | 2014-10-19 12:20 | gastronomie | Comments(0)

LE & Moet Chandon

シャンパーニュの葡萄畑見学からランチ、宴のお招き。MOET&CHANDON!

実に光栄な一晩でした。メルシー・ミルフォワ♪


スターシェフ ヤニック・アレノ氏との響宴♪



モエ迎賓館でのおもてなし♪




庭園でのアミューズのおもてなし♪










キッチンサロン♪













ドンペリは好きですが、これまでモエはあまり、ご一緒しておりませんでした。
夏に少し、海での乾杯にも良しかな。BBQにも合いそう♪













# by yuklily | 2014-07-04 02:18 | gastronomie | Comments(0)

table de la terre

asperge savage



アスパラの野生ものかというイメージですが、アスパラではありません、実は麦の穂の若葉です。
蕨のような山菜のような粘りと、藁のような、繊維を感じます。

salade




et la mer



saumon bio fume

]



asperge blanche et petit poire




quiche de mantagne




et l'eau



Sake TAKA






moet & chandon






# by yuklily | 2014-06-29 23:11 | gastronomie | Comments(0)

白魚の塩辛

漁師さん自家製



贅沢な保存食。雲丹の塩漬けと一緒に、炊きたてのご飯の上にのせ、海苔で巻いていただくのもよいし、山葵でそのまま、お酒の一口にも合う。

旬の名残り。






# by yuklily | 2014-06-29 22:54 | gastronomie | Comments(0)

WEDDING

ELENA & BENOIT

IN BIARRITZ !!!!

🌹

Felicitation!!!!






ロシア&フランス式 結婚式❤️















MBA CLASS












LOVE❤️CHEERS











BRAVO❤️


# by yuklily | 2014-06-25 03:52 | voyages | Comments(0)

URI BURI

Akre



イスラエルで一番美味しい、海の幸の料理のレストラン




おまかせメニュー♪


暖かいスープのカプチーノに、アミューズは魚卵のサラダ



お魚メインのお料理が続きます。



海老の火通しも完璧。甘くふわふわな状態♪



鮮やかなカボチャのピュレと白身魚(ジャック・フィッシュ)




デザートはレモンのソルベ







# by yuklily | 2014-06-22 23:17 | voyages | Comments(0)

TEL AVIV❤️

L a Mer Mediterranee




久し振りに海の中へ〜♪

波の音も、潮の香りも、気持ちよい❤️





朝食もビーチにて頂きます♪












# by yuklily | 2014-06-22 22:13 | voyages | Comments(0)